ハーレーを見に行ってきた!ハーレーが終わると夏が来る。沖縄らしい出店もある。

南国日記~沖縄移住の記録~

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今日は八重瀬町の港川ハーレーでした。

【沖縄ライフ】八重瀬町 港川ハーレー~2019年6月9日~

沖縄の伝統的な年中行事

沖縄各地で「ハーリー」と言われますが
南部では「ハーリー」と言われます。

はるか昔に中国から伝来したといわれ、
夏の豊漁と海上の安全を祈願する
年中行事です。

何をするのかというと、各字(集落)ごと
爬竜船(はりゅうせん)や
サバニと呼ばれる小型の漁船を
数人で漕いで競争します。

f:id:beautifuldreaman:20190609220443j:plain

 初めて沖縄のお祭りに行った、
ナイチャーである私の感想は
「やっぱり違うなぁ~」ということです。

まずは集落の祭りにお昼から、
ここまで多くの人がいることが凄いです。

そしてみんな昼から酒を開けています。
あれ?駐車場満車…(察し)

あとはやっぱり子供が多いですね。

沖縄ならではの出店

そして、気付いたこと。それは…

競漕をみている人が少ない!

f:id:beautifuldreaman:20190609222730j:plain

大人たちは大人たちで飲んでいて
子供たちは子供たちだけで
わいわいしている

そんな感じです。

みんなで集まるためのきっかけとして
「祭り」があるのだろうなと思いました。

そして、祭りといえば出店です。

沖縄ならでは出店はあるかな~

と探してみると…

f:id:beautifuldreaman:20190609223226j:plain

ありました!

ヤギ汁。いわゆるヒージャーです!

そして値段も1000円と、
出店にしては挑戦的な価格設定。

f:id:beautifuldreaman:20190609223533j:plain

こちらはそばめしです。
これは600円。

個人的な記憶では、祭りの出店は
500円が基本だった気がするのですが
大体が600円です。高い!。

気になる味は……ご想像にお任せします。

ハーリーが終わると夏が来る

旅先で祭りなど、地域の文化に
触れられる機会があると心躍ります。

そういう意味では
トカラ列島の悪石島に行ったときに
島の小中学校の持久走大会に
参加させられたのは強烈な思い出です。

さぁ、噂によると沖縄では
ハーレー(ハーリー)が終わると
梅雨が明けると言われています。

もう夏はすぐそこにいるのかもしれません。

移住162日目。終了。

コメント

タイトルとURLをコピーしました