【原付沖縄本島1周の旅】沖縄市から金武町へ。辺戸岬はまだ遠く… |2019年 旅行記その4

原付の旅

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「原付沖縄本島1周の旅 その4」をお届けします。

★前回の記事★

ヤシの木とシーサーに沖縄を感じる

前回は沖縄市まで来たところでした。

f:id:beautifuldreaman:20190707091943j:plain

沖縄市もコザを中心にディープな魅力が詰まっているようです。

沖縄一古い銭湯も沖縄市にあります。

しかし今回は素通り。またの機会にじっくりと楽しみたいと思います。

まだ、先は長いです。

f:id:beautifuldreaman:20190707092248j:plain

道沿いにヤシの木が連なっています。

南の島の雰囲気を感じながら、ツーリングするのは気分が上がります。

ツーリングといっても原付なのでカッコよくはありませんが(笑)

日曜日ということでツーリングのカッコいいライダーたちが、どんどん私のバイクを追い抜いていきます…

f:id:beautifuldreaman:20190707092937j:plain

歩道にシーサー!

こういうのいいですよね。沖縄ならではの景色です。そして、車やバイクで突っ走っていると、確実に見逃してしまう景色でもあります。

やっぱり旅をするときは歩いたり、自転車や原付に乗ったり、のんびり景色を眺めるのがおすすめです。

9つ目のまち「金武町」

f:id:beautifuldreaman:20190707093230j:plain

次のまちは金武町です。

これで「きんちょう」といいます。

ここまではバイクで来たことがありました。2月のJリーグキャンプの時です。改めて時間が経つのが早い!

f:id:beautifuldreaman:20190707094213j:plain

その時は、同じく金武町にある米軍の 「キャンプ・ハンセン」 でフェスティバルが行われており、その中に入ることも出来ました。新開地という米兵用の歓楽街もあり、また金武町はタコライス発祥の地でもあります。

辺戸岬は遠い…

2月に来た時にも「ここまで遠かったな」 と思っていた金武町ですが、そこでこんな看板が出てくると心が折れそうになります。

f:id:beautifuldreaman:20190707094656j:plain

しかし、「辺戸岬」の名が出てきたことには少しテンションが上がります。

というか、すでに目的を見失っており、心も折れているので、それしかテンションが上がるポイントがありません(笑)

国道329号線は特別海沿いを走るわけではなく、単調な景色です。

しかも原付なのでゆっくりと。眠くなるんですよね。

水曜どうでしょうの大泉さん、ミスターの辛さがよく分かります。

f:id:beautifuldreaman:20190707095810p:plain

ガソリンの値段が(笑)

走っているとこんなものを見つけました。

f:id:beautifuldreaman:20190707095857j:plain

内地の感覚でいったら全油種リッター777円です。

沖縄では違います。

詳細は下の記事をご覧ください。

ガソリンを入れ終わった後でないと、料金は確認が出来ないのです。

f:id:beautifuldreaman:20190707100434j:plain

島が見えます。と思ったら、これは島ではなく、同じ金武町の金武岬です。

f:id:beautifuldreaman:20190707101142p:plain

地図で見ると湾の奥まったところから、北向きに写真を撮っていることが分かります。

なので、東側には伊計島が見えています。

f:id:beautifuldreaman:20190707101458j:plain

さぁ、次のまちは、いよいよ沖縄本島北部の中心「名護」。

まだまだ、旅は続きます!

NEXT

移住197日目。終了。

コメント

タイトルとURLをコピーしました