2019-08

原付の旅

【原付沖縄本島1周の旅】フェリーで那覇に到着!原付で沖縄本島を1周するのは辛かった…|旅行記最終話

ブログをご覧いただきありがとうございます。 今回は「原付沖縄本島1周の旅 最終話」をお届けします。 ★前回の記事★ クイーンコーラル8にはゲームコーナーがある 壊れた原付をフェリーに載せて、沖縄本島北部の本部港から那覇へと向かいます。 乗船したのは...
伊平屋島旅行記

伊平屋島から帰ってきました。野甫大橋からの絶景!まさかの夕立、そして野宿。1泊2日の予算は。

ブログをご覧いただきありがとうございます。 昨日今日で「伊平屋島」に行ってきたので、今回は旅の様子をダイジェストでお届けします。 伊平屋島に上陸。歩いて島尾1周する。 まずは沖縄南部の自宅から、今帰仁村の運天港まで原付の旅。 運天港にくるのは年末年始以来で...
伊平屋島旅行記

【旅先からの投稿】伊平屋島に来ています。夕立で雨宿り中。

伊平屋島に来ております。数多くの離島がある沖縄県の中でも最北端に位置する離島です。先程まで晴れていたのですが、今は夕立がきました。
旅の思い出

高知県に島がある?沖の島の海は美しかった。水がきれいなのに人が少ない海水浴場・うどの浜|2013年高知県沖の島旅行記

先日のLINEニュースに、こんな記事が出ていました。「水がきれいなのに人が少ない海水浴場ランキング」その1位にランクインしていたは高知県宿毛市の【うどの浜】。知名度ゼロではないでしょうか。 うどの浜があるのは、高知県宿毛市といっても、「沖の島」という離島にあるのです。
島活in与論島

嵐の与論島に上陸!沖縄に帰る?とりあえず雨の島を歩いて宿を探す ~2019年8月与論島旅行記 その3~

フェリー波之上は定刻から15分以上遅れて、鹿児島県の与論島に到着しました。 降りる人はたくさんいて、宿の送迎でみなさん港をどんどん出ていきます。 一方で、私たちはこの日の宿がありません(笑)ここで初めて、雨宿りがてら、与論島の宿の情報を調べました
原付の旅

【原付沖縄本島1周の旅】マリックスライン・クイーンコーラル8に乗船して那覇へ!船内を散策する|旅行記その17

那覇行きのフェリーが来るまで、冷房が効いた待合室でだらだらと過ごします。今回乗船するのはマリックスラインの「クイーンコーラル8」。せっかくなので船内を散策。シャワーも無料で使えます。 シャンプーや石鹸はついていません。タオルも自分のものを用意しておきましょう。
観光名人ブログ

旅を始めてから10年。ママチャリの旅から47都道府県制覇、初めての海外旅行。そして今は沖縄に住んでいる。

先日私は25歳になり、旅を始めてから10年経ちました。初めての旅は中学2年生、つまり14歳のころ。友人と行く「ママチャリ旅」や「大回り乗車の旅」から始まりました。高校入学直前、15歳の時に自分で立てた目標は、今でもはっきり覚えています。「20歳までに47都道府県制覇、21歳から海外進出」
南国日記~沖縄移住の記録~

【地域芸能と歩む】読谷村の子ども獅子舞を見学してきた。地域の文化を通じて人が繋がり、人は文化を繋ぐ

渡慶次地区も山元町も伝統文化が一時中断し、その復活と継承の足掛かりとして【子ども】 が重要な役割を果たしている点で共通しています。今回はこの両地区のディスカッションに「一般枠」として参加する貴重な経験でした。
観光名人ブログ

2019年はおがさわら丸の船内で年越しが出来る!? 飛行機は確保。船の予約を取ることは出来るのか。

2019年から2020年にかけての年末年始、小笠原諸島に向かうおがさわら丸の運航スケジュールは以下の通りです。おがさわら丸から大みそかの太陽が海に沈むのを見て、そのまま船内で年を越して…翌朝は船上から水平線に登る初日の出を拝むことが出来るのです!
沖縄コーヒー

みんなで作りたい沖縄コーヒーの手作りカフェ。外の風を感じながら|沖縄コーヒー農園 2019年8月 旅行記

こちらは沖縄本島の北部、大宜味村でコーヒー農園を営む、おじぃこと安里さんが栽培した豆を挽いて淹れたコーヒーです。コーヒーの木々を生かした【体験農園カフェ】を手作りしよう!というボランティアに私は参加しているのです。この農園カフェには安里おじぃの「色んな人と一緒に作りたい」という想いが乗っています。
南国日記~沖縄移住の記録~

【沖縄三大綱引き】太すぎる・重すぎる・長すぎる綱を担いで勝負スタート!「与那原大綱曳」は予想外の結末に|2019年 後編

さすがは「沖縄三大綱引き」。沿道や歩道橋にはたくさんのお客さんがいます。綱の全長は約90m。その重さはおよそ5トンにもなるそうです。勝負はそう簡単に決まりません。西も東も一歩も譲らずに膠着状態が続くこと1分40秒… 突然張り合いがなくなり、今度は綱を引いていたほぼ全員が地面に尻餅をつきました。
観光名人ブログ

リピーター続出で予約が取れない?繁忙期の小笠原旅行、予約について解説|小笠原諸島 旅行記

東京都心から南へ1,000kmの太平洋に浮かぶ小笠原諸島… あまり知られていませんが、実はこんなにもファンが多い島なのです。 そんなわけで、繁忙期のおがさわら丸と宿を取ることは至難の業です。この時期に小笠原へ行くのは、何度も足を運んでいるリピーターの方が中心なのです。
観光名人ブログ

台風発生!おがさわら丸は出港するのかを考えてみた。小笠原諸島へ旅行に行くときの参考に!

出港延期と言っても、翌日には出港です。海は台風通過から1日経ったところで、すぐに回復することはありません。海況は最悪。果たして本当に船は出るのでしょうか。ホームページをよく見ると、「父島入港が大幅に遅延した場合~」と書いてあります。このことから、もう翌日の出港は確定していることが伺えます。
島活in与論島

沖縄と鹿児島を結ぶ船「フェリー波之上」の船内を散策!お土産も無料のシャワーもある|2019年8月与論島旅行記 その2

沖縄~奄美群島~鹿児島を結ぶ定期船は計4船あります。2社ともには鹿児島県の会社ですが、私が沖縄で暮らしているので、今回は沖縄から鹿児島の順に航路を説明します。フェリー波之上の船内には売店があります。船内のシャワーは無料で何度も浴びてOKです。ちゃんとお湯も出ますし、水圧もばっちりです!
南国日記~沖縄移住の記録~

【沖縄三大綱引き】「与那原大綱曳」に参戦!参加費無料で記念Tシャツがもらえる|2019年 前編

今回参戦した与那原大綱曳も440年以上の歴史と伝統があるそうです。チームは「西(いり)」と「東(あがり)」に分かれており、私は知り合いがいる”西”のチームに入ることなりました。赤いバンダナとTシャツは参加者全員にプレゼントされます。
タイトルとURLをコピーしました