【島活】本部港出港!甲板でおっちゃんに話しかけられた。旅先での出会い~2019年8月与論島旅行記 その4~

島活in与論島

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は2019年8月
与論島旅行記」その4
をお届けします。

★前回の記事★

本部港を出港する

前回は「沖縄~鹿児島航路」について綴りました。

このあたり、
奄美の島々もすべて上陸したいですね~。

そして前回の記事の最後に
【次回は船内様子をお届けします!】
と書きましたが、予定を変更して

今回は甲板での出会いの話をします。

f:id:beautifuldreaman:20190822130114j:plain

 ファンネルマークはこんな感じです。

「マルエーフェリー」という会社の名のとおり
「○+A」のマークです。

f:id:beautifuldreaman:20190822130538j:plain

デッキから本部港を眺めます。

港がある本部半島には
桜で有名な「八重岳」があります。

港の目の前にそびえる山は八重岳ではなく
地図を見るとゴルフ場になっているようです。

f:id:beautifuldreaman:20190822131208p:plain

お気付きかもしれませんが
デッキは結構な高さにあります。

真下の方にカメラを向けるとこんな感じです。

f:id:beautifuldreaman:20190822131244j:plain

カーフェリーなので車やトラックも乗るのですが、
駐車スペースがなんと2階分確保されており、
客室はその上になるため
これだけの高さになるのです。

雨の出港

f:id:beautifuldreaman:20190822131604j:plain

本部港を出港しました。

出港のシーンではいつも
小笠原のような盛大な光景を期待してしまいます。

f:id:beautifuldreaman:20190822131851j:plain

が、実際は
ほとんどの出港があっさりしたものです。

雨も降っているので
寂しい雰囲気がより強く感じられます。

ちなみに本部港の海の色はこんな感じです。

f:id:beautifuldreaman:20190822132019j:plain

まるでインクを落としたように
濃い青色をしています。

甲板での出会い

雨の中デッキに立っていると
同じくデッキにいたおっちゃんに
声をかけられました。

f:id:beautifuldreaman:20190822213458j:plain

あの島の名前は分かりますか?

と聞かれたので、

「あれは瀬底島です」

私はそう答えました。

おっちゃんは手にビデオカメラを持っています。

「 YouTuber !?」
と思ったのですが、そうではないようです。

徳之島に住んでいるお母様がおり、
そのお母様は
「島からなかなか出れない」そうで、
旅の動画を楽しんでくれるそうです。

f:id:beautifuldreaman:20190822214327j:plain

「あの島も分かりますか?」
「あれは伊江島というんです。」

『津軽海峡冬景色』
2番の出だしの歌詞はこんな感じです。

ごらんあれが 竜飛岬
北のはずれと
見知らぬ人が 指をさす

f:id:beautifuldreaman:20190822214912j:plain

まさにこの歌詞と同じ状況です。

おっちゃんはこの前日に大阪から沖縄入りし、
特に期限を決めず徳之島に帰るとのこと。

それ以上のことは聞いていません。

「それではいい旅を」と会釈をし
おっちゃんは船室内へと戻っていきました。

これが旅先での一期一会。

私の好きなシチュエーションです。

f:id:beautifuldreaman:20190822215420j:plain

離れていく沖縄本島。

沖縄県から出るのは3か月以上ぶりです。

☆移住後はじめて沖縄から出たときの話☆

天気は相変わらず悪いですが
旅の幸先はいいな
そう思いながら私も船室内へと戻りました。

今回はここまでです。

NEXT

本日もありがとうございました。

【フォロワー1000人】目指す!
本日の結果
Twitter 220人 Instagram 798人

 移住238日目終了。

コメント

タイトルとURLをコピーしました