嵐の与論島に上陸!沖縄に帰る?とりあえず雨の島を歩いて宿を探す ~2019年8月与論島旅行記 その3~

島活in与論島

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は2019年8月与論島旅行記 その3」をお届けします。

★前回の記事★

雨嵐の与論島に上陸!途方に暮れる

f:id:beautifuldreaman:20190827124242j:plain

フェリー波之上は定刻から15分以上遅れて、鹿児島県の与論島に到着しました。 

f:id:beautifuldreaman:20190827124332j:plain

いよいよ私にとって52番目の島(無人島含む)に上陸です。

降りる人はたくさんいて、宿の送迎でみなさん港をどんどん出ていきます。 一方で、私はこの日の宿がありません(笑)

キャンプの予定だったのですが雨。いやキャンプというか、キャンプ場で野宿の予定だったので、寝袋さえ持ってきていません。

【島旅】百合が浜に行きたくて与論島に来たけど…~2019年8月2日~

そしてこれは雨というか嵐。これまでの旅の中でも、ここまで熱烈な歓迎を受けたのは初めてのことかもしれません。

さて、島に上陸したはいいものの、どうしましょう。私は港で途方に暮れてしまいました。

野宿の予定でしたがそれは無理そうです。

だからといって、高いお金を払って宿に泊まっても、この雨だと外に出ることはできません。

まず考えたのは「14時の船で帰ろう」ということです。

「14時の船」というのは、前日に鹿児島を出港した沖縄行きの船。この船で沖縄に帰れば、本当に何もせずに与論島を去ることになります。

ただ、さすがにそれでは船代がもったいない。ひとまず雨の中、港から街中まで歩くことにしました。

雨の与論島を歩く

港から集落まではおよそ3km。

本部港の前にあるローソンで買ったビニール傘は、突風に吹かれ一瞬にして折れてしまいました(笑)

原付に乗るときに着る合羽を持ってきたので、その合羽を着ながら、リュックサックの荷物はビニール袋に入れて土砂降りの中を歩きます。

蓮の花です。この嵐の中でも凛と咲く花に思わず惹かれて撮った1枚。

防水ではないデジカメでこうした写真を撮っていたので、この日の夜、カメラは壊れてしまいました…

沖縄に移住してからは見慣れたサトウキビ畑。

港から集落までは家も少ないので、ずっとこんな感じの景色です。

当日予約で宿を探す

心が折れそうになりながら、ようやく集落の郵便局にたどり着きました。

ここで初めて、雨宿りがてら、与論島の宿の情報を調べました。

この時すでに14時。沖縄に戻る船はすでに出港してしまい、飛行機も悪天候で欠航。もうこの日、与論島から出ることは出来なくなりました。

与論島にはいくつか宿があるので、当日予約の問い合わせをしてみます。何とか泊まる場所を見つけなければなりません。

まずはネットでおすすめのゲストハウスを検索。

そこで出てきたのは「旅人と島人との交流が気軽にできる」という紹介が書かれた宿でした。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

.

【フォロワー1000人】目指す!
本日の結果
Twitter 271人 Instagram 815人

~移住243日目、終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました