高知県に島がある?沖の島の海は美しかった。水がきれいなのに人が少ない海水浴場・うどの浜|2013年高知県沖の島旅行記

旅の思い出

ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は2013年の「高知・沖の島旅行記」をお届けします。

これまでの旅の思い出を振り返ります。

水がきれいなのに人が少ない海水浴場・うどの浜

さっそくですが、先日のLINEニュースに、こんな記事が出ていました。

f:id:beautifuldreaman:20190828063516p:plain

水がきれいなのに人が少ない海水浴場ランキング

その1位にランクインしていたは高知県宿毛市の【うどの浜】。知名度ゼロではないでしょうか。 うどの浜があるのは、高知県宿毛市といっても、「沖の島」という離島にあるのです。

「おきのしま」というと島根県の「隠岐の島」が有名です。

そもそも高知県に離島があること自体あまり知られていません。

ということで、今回は高知県の沖の島についてご紹介します。

実はこの島、私が島旅にハマったきっかけとなった思い入れがある島なのです。

沖の島へのアクセス

f:id:beautifuldreaman:20190828064832j:plain

私はこれまで、軍艦島のような無人島を含め50以上の離島に上陸しました。その中で2番目に上陸したのが沖の島です。

上陸したのは2013年8月のことでした。

f:id:beautifuldreaman:20190828065045j:plain

ちなみに、私にとって初めての離島への旅は、高校の修学旅行で行った広島県の宮島です。

沖の島へのアクセスは、宿毛駅から徒歩30分ほどの場所にある片島港から。

f:id:beautifuldreaman:20190828065855j:plain

片島港から沖の島までは1時間20分。片道1330円です。

途中、高知県にあるもうひとつの離島「鵜来島」を経由します。

この鵜来島もまた、かなり面白い島なので別の記事でご紹介しています。

★鵜来島旅行記★

私が行ったときはお盆の混雑で、上でご紹介した写真の船に人が乗り切らず、チャーターされた漁船に乗船!

f:id:beautifuldreaman:20190828070004j:plain

犬も船旅を満喫していました(笑)

母島(もしま)港からはうどの浜を目指して歩く

f:id:beautifuldreaman:20190828070128j:plain

沖の島に上陸しました。

島には広瀬港と母島(もしま)港という2つの港がありますが、うどの浜へは母島港から向かいます。小さな島なのでレンタカーやバスはありません。歩いてうどの浜を目指します。

f:id:beautifuldreaman:20190828070857j:plain

今はもしかしたらレンタサイクルなどがあるかもしれませんが、当時は歩いてうどの浜へ向かいました。港から歩いて30分ほどです。

沖の島(離島) – すくも観光ナビ
宿毛湾の離島、沖の島・鵜来島は、黒潮がながれ亜熱帯の植物や魚がおよぐ楽園の島。約1,000種もの魚種が生息し、サンゴ礁のなかを色とりどりの熱帯魚や、チヌやグレなど大物の魚が泳ぎまわっています 。
f:id:beautifuldreaman:20190828075312j:plain

看板もあるので迷う心配はありません。

沖の島の海は美しかった

うどの浜を目指して歩く途中に見える海はこんな感じ。

f:id:beautifuldreaman:20190828070612j:plain

当時の私(沖縄にもいったことがない)にとって、それまで見てきた海の中で最もきれいな海でした。

【島旅】高知県沖ノ島~2013年8月13日~

途中からは整備されていない道を歩きます。

f:id:beautifuldreaman:20190828075402j:plain

大自然を探検しているような、そんな気分になれるのでワクワクします。

ふとした瞬間に、木々の間からこんな絶景が広がります。

f:id:beautifuldreaman:20190828070520j:plain

これぞ「沖の島ブルー」ですね。

島全体的に岩の色が赤茶色なので、海の色もここでしか見ることが出来ない、独特の青さをしています。

f:id:beautifuldreaman:20190828070436j:plain

山道を抜けると「うどの浜」に到着です。

日本一のビーチ!うどの浜に到着

f:id:beautifuldreaman:20190828070819j:plain

透明度が非常に高い海であったことは、今でも覚えています。

f:id:beautifuldreaman:20190828070314j:plain

今回は港から歩いてきましたが、渡し船もありました。これも珍しいですね~。

f:id:beautifuldreaman:20190828075334j:plain

海の家もあります。実はここで、今も忘れない、個人的に衝撃的を受けたことがありました。

海の家なのでかき氷だったり、ビールだったりが販売されています。その店頭に立っていたのはちびっこ二人。年齢を聞くと5歳と7歳の兄妹でした。

ビールを渡したり、グラスを洗ったり…「ここで育つとどんな大人になるのだろう」。そんなことを考えてしまいます。

そして、400以上の離島がある日本には、文化だったり景色だったり人だったり…

まだまだ自分の知らない世界が広がっているのだろうなぁ

というところから、私は島に興味を持ったのです。 

f:id:beautifuldreaman:20190828070652j:plain

最後は島旅で見たい景色のひとつ「別れ」

自分には関係がなくても切なくなる瞬間です。

別れがあれば、また新しい出会いがあります。

☼上陸した島☼
No1. 宮島(広島県) 
No2. 沖ノ島(高知県) 

NEXT

★参考:個人的に日本で一番きれいだと思う海★

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

.

【フォロワー1000人】目指す!
本日の結果
Twitter 280人 Instagram 815人
~移住244日目、終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました