【沖縄三大綱引き】県内最大級「糸満大綱引2019」に行ってきた。綱引きの前の伝統的な演舞を見る 前編

南国日記~沖縄移住の記録~

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は【糸満大綱引に行ってきた】前編 をお届けします。

沖縄三大綱引き・糸満大綱引

以前「沖縄三大綱引き」にひとつである〈与那原大綱曳〉に参戦した時の様子を綴りました。

この記事の中でも紹介していますが、糸満の綱引きも沖縄三大綱引きのひとつです。そして、始めに断っておくと、与那原大綱曳の時の記事のタイトルは「参戦した」になっていますが、今回は参戦はしておらず、見に行っただけです。

f:id:beautifuldreaman:20190926062155j:plain

糸満大綱引が行われた9月13日は旧暦の8月15日にあたります。

会場となるのは県道256号線の糸満ロータリーから白銀堂の区間およそ500m。私が到着したのは綱引きが始まる1時間前。

駐車場は用意されていないので、アクセスは徒歩か近くまでの公共交通機関のみとなります。

f:id:beautifuldreaman:20190926062719j:plain

こちらが白銀堂です。

立派な鳥居が設けられていますが、ここは沖縄の人々が拝みをする「御嶽」です。お堂の中にある自然の石筍が氏神として祀られており、本殿というものはなく、岩穴に拝みのための石が置かれているだけです。

f:id:beautifuldreaman:20190926064056j:plain

中ではちびっ子たちがエイサーの練習をしてました。

沖縄ではこのようにして、小さいころから地域の伝統に触れる機会があるのです。

f:id:beautifuldreaman:20190926064332j:plain

そしてこちらが糸満ロータリー

いわゆる環状交差点(ランドアバウト)というものです。その歴史は古く、戦後、米軍統治下の時代に導入された、沖縄県内に唯一残るロータリーで、道路マニアにとっては有名な場所なのだそう。

沖縄県内最大級の綱

f:id:beautifuldreaman:20190926065328j:plain

これが綱の末端です。ここから中心に向かって徐々に太くなります。

f:id:beautifuldreaman:20190926065635j:plain

f:id:beautifuldreaman:20190926065724j:plain

もう手では握れない太さになっていますが、先端はもっと太くなります。

f:id:beautifuldreaman:20190926065836j:plain

こちらがその先端です。

身長174cmの私の目線と同じ高さに綱があります。綱の隣に立っている女性と比べても、その大きさ分かります。

こちらの綱は手作り。綱引き当日の朝8時半から小綱をまとめ、雄綱・雌綱合わせて総重量およそ10トン、全長約180mにもなる沖縄県内最大級の綱を完成させるのです。

f:id:beautifuldreaman:20190926070828j:plain

与那原大綱曳は綱を担いで会場まで運びますが、糸満大綱引きは当日の朝から会場となる県道が封鎖され、その場で綱が作られるので、重い綱を担ぐ必要はありません。

そのため、道端には写真のように、綱を作るときに出たカスが散乱しています。

綱引きの前の伝統的な演舞

会場では綱引きの前に「道ズネー」という、いわゆるパレードが行われています。

この写真ですが、綱引の綱が少年の腰掛になっていますね(笑)

こちらは大きなのぼり旗をひとりで持っているの図です。写真にはありませんが、頭にのっけたりもしていました。どこか秋田県の「竿灯まつり」と近いものを感じます。

旗頭ともいいますが、どうやらこの演舞そのものに名前はなく、綱引きやエイサーの時のシンボル的な存在(演舞)なのだそう。

他にも地域のいろいろな演舞が披露されていました。地域といっても、糸満市内の様々な集落のこと。

集落ごとにこうした演舞があるというのは、さすが「沖縄は芸能が盛んだな」と改めて気付かされます。

★続きはこちら★

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

【フォロワー1000人】目指す!
本日の結果
Twitter 518人 Instagram 1033人

~沖縄移住272日目、終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました