野甫島から見る伊平屋ブルー!野甫漁港は日本で一番美しい漁港だと思う| 2019 伊平屋島旅行記 その5

伊平屋島旅行記

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「伊平屋島旅行記」その5 をお届けします!

★前回の記事★

想像を超える美しさ

野甫大橋からみる伊平屋ブルーの、あまりの美しさにテンションが上がっています!笑

f:id:beautifuldreaman:20190929195336j:plain

砂浜を歩いて野甫大橋の下まで行って、後ろを振り返ると…

f:id:beautifuldreaman:20190929124852j:plain

思わひとりでにやけてしまいました。そして一言「これはやばい」と呟きましたね。伊平屋ブルーがここまで美しいとは思ってもいませんでした。

f:id:beautifuldreaman:20190929125059j:plain

砂浜に魚の頭が落ちていました。身体は食べられてしまったのでしょうか。

f:id:beautifuldreaman:20190929125616j:plain

野甫大橋の下で休憩。

「橋の下」というと、あまりいいイメージがありませんが、ここは特別です。なぜなら、目の前には伊平屋ブルーが広がっているのですから。

ただ、写真をよく見ると、ゴミが残されているのが分かります。他の観光地だと、こうしたゴミは観光客が残していくものです(いわゆる観光公害)。沖縄の場合は地元の人である可能性が高いです。

時間によって変わる海の色

f:id:beautifuldreaman:20190929195437j:plain

こちらはなんだか大砲のようにもみえます。ひょっとしたら戦時中のものかもしれません。これも沖縄ではあるある。

f:id:beautifuldreaman:20190929130720j:plain

橋の上に戻ると潮が満ちてきており、また見える景色が変わっていました。

f:id:beautifuldreaman:20190929195507j:plain

野甫大橋からの景色を楽しんで、やっと橋を渡って野甫島へ上陸します。

野甫島上陸!日本で一番美しい漁港

野甫島に上陸して、振り返ると野甫大橋。そして伊平屋ブルー。実に美しい景色です。

ちなみに私は、上陸した島の数にこうした「橋で繋がった島」を入れていません。

写真右手に伊平屋ブルーに向かって桟橋が伸びています。

ここが野甫漁港です。

事前に調べていた情報だと、この桟橋もまた、野甫大橋と並ぶ「伊平屋ブルースポット」のようです。さっそく行ってみましょう。

港の海がここまで美しいというのは島旅をしていて初めてのことです。≪日本一美しい漁港≫そういっても過言ではありません。

桟橋からの伊平屋ブルー

ピンぼけしていますが、桟橋に上る階段のようなものはないようです。写真のように桟橋の横に岩が積み重ねられており、まずはそこを歩いて桟橋の先端へ向かいます。

桟橋に上がりました。身長175cmの私でも、最後は何とかよじ登ったような感じです。調べていると、このアングルからの写真がたくさん出てくるのですが、皆さんどのようにして桟橋へ上がっているのか気になるところです。

そして桟橋の上からの野甫大橋と伊平屋ブルー。何なんでしょう。この海の色は。

ただ、個人的には桟橋の上からよりも、桟橋の下からの景色のほうがいいなと思いました。

こちらが桟橋の下からの「伊平屋ブルー」です。海面が近いので水の綺麗さがよく分かります。

分かりました、この海の色は「わらび餅」です(笑)野甫漁港周辺の海は「わらび餅ブルー」をしています。

以前に私はこんな記事を綴っています。

伊平屋ブルーの美しさを比べると

波照間島 ≦ 伊平屋< 池間大橋 <<八重干瀬

といった感じでしょうか。まあ、とにかく綺麗なのです。

今回の【伊平屋島旅行記】は「気が乗らない」ところから始まっていますが、この美しい海を見て、「来てよかった」と思うことが出来ました。港から歩いた甲斐もありましたね。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。ちなみに今回の旅、写真はすべてスマホです。

★続きはこちら★

【フォロワー1000人】目指す!
本日の結果
Twitter 544人 Instagram 1041人
~沖縄移住275日目、終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました