2019-10

南国日記~沖縄移住の記録~

クロワッサンアイランドの端から端まで歩いてみた |2019年水納島旅行記 後編

こちらはクロワッサンの湾の部分なので、波も穏やか。水納島はサンゴが隆起して出来た島。黒く見えている岩が、サンゴや貝殻が堆積してできた琉球石灰岩です。島内にアップダウンはほとんどなく、島で唯一の坂道は、港から集落に入っていく場所くらいでしょうか。道も、人口の少ない小さな島にしては、大変綺麗に整備されています。
伊平屋島旅行記

伊平屋島最北端・久葉山に到着!海の向こうに与論島 | 2019 伊平屋島旅行記 その11

20分ほど上り坂を歩き続け、久葉山の頂上にある灯台までやってきました。パンフレットによると、ここからは与論島が見えるというのですが… 水平線の向こうに平べったい島影が見えます。与論島です。つまり、この海を挟んだ向こう側は鹿児島県になります。右側にある島影が与論島だとすると、左側に見えているのは沖永良部島でしょうか。
初めての小笠原諸島

小笠原ユースホステル「ミーティング」に参加してみた ~初めての小笠原諸島 旅行記 6~

私が泊まった小笠原ユースホステルでは『ミーティング』という、宿泊者同士の顔合わせの時間が、おがさわら丸入港日の夜に設けられています。父島に着いた日の夜、集落から少し離れたコペペ海岸で『ウミガメの放流体験』に参加していました。ミーティングにはどうしても参加したくて、カメの放流を終えたら、急いで宿へ戻りました。
南国日記~沖縄移住の記録~

水納島上陸!渡久地港からフェリー乗船 滞在1時間半 朝一番がおすすめ|2019年水納島旅行記 前編

8時半の船に乗って、10時半のフェリーで帰るというプラン。島での滞在時間は1時間半しかありません。出港から約20分ほどで島が見えてきました。島を1周するような道路もなく、ひたすら歩いてもせいぜい3kmほどしかない小さな島には、約20人が暮らしています。それに対し観光客は年間6万人。朝一番が静かでおすすめです。
南国日記~沖縄移住の記録~

レンタカーで夜の沖縄本島を1周!高速なし 片道3時間で辺戸岬到達|2019年沖縄旅行記その2

時刻はすでに21時。沖縄本島南部・八重瀬町から、沖縄本島1周ドライブのスタートです。特にどこにも立ち寄らず、ひたすらに沖縄本島を北上します。相変わらず外は真っ暗で、雨も止む気配がありません。写真は特にありません。出発から3時間半、沖縄本島最北端「辺戸岬」に到着。辺戸岬の滞在時間は5分もありませんでした。
島活in与論島

2か月ぶりの与論島でのんびりホームステイ ~2019年10月 旅先からの投稿~

2か月ぶりに与論島へ来ています。今回の旅では、前回出会ったTさんの家に泊まらせていただいています。まぁ、島の人の家で、ホームステイをさせてもらっている今の状況は、一般的な旅行ではないですね。今日の夕食は肉を焼きました(笑)明日はどんなことが起こるのだろうか…
伊平屋島旅行記

島のシンボル・念頭平松に到着!クマヤキャンプも発見 | 2019 伊平屋島旅行記 その10

伊平屋島の北部に広がるサトウキビ畑と田んぼの中を、自転車でのんびりと走り、到着したのは「念頭平松」です。2016年には国の天然記念物にも指定され、伊平屋島のパンフレットの表紙にもなっています。念頭平松の周囲は柵で囲まれており、木に触れたりすることは出来ませんが、その周囲をぐるっと1周することは出来ます。
旅の思い出

【石垣島】雨の石垣島を車で1周!太陽は見ることが出来ず微妙な景色…チャラい印象の島|2016年旅行記

ブログをご覧いただきありがとうございます。 本日は過去の島旅を振り返るシリーズです。「石垣島旅行記」をお届けします。 ★前回の記事★ 今回の島旅は石垣島 私は数多くのしまに上陸していますが「沖縄本島」と「橋で繋がった島」は上陸した島の数に入れていません。 ...
伊平屋島旅行記

自転車で念頭平松へ。日本の田舎を感じる水田とさとうきびの景色 | 2019 伊平屋島旅行記 その9

伊平屋島の北部には「念頭平松」という、島のシンボルともいえる大きな松の木があります。港から念頭平松までの距離は約5km。レンタサイクルを借りているので、30分もあれば行ける距離です。そういえば自転車に乗るのも久しぶりのことです。
初めての小笠原諸島

小笠原旅行の4つのポイント!観光客同士が仲良くなりやすい仕組みがある~初めての小笠原諸島 旅行記 5~

この6日間を小笠原では『1航海』といい、ほとんどの人が1航海に予定を合わせて小笠原へとやってきます。この運航スケジュールによって、小笠原諸島の旅行では4つのポイントがあります。世界自然遺産にも登録された小笠原諸島ですが、観光客同士が仲良くなる、つまり「出会い」が最大の特徴であるといえます。
島活in与論島

1泊2日の滞在終了!もずくそばを食べて沖縄へ帰る|2019年8月与論島旅行記 最終回

「青い珊瑚礁」というお店にやってきました。こちらで頂くのは与論島名物「もずくそば」。トッピングとしてもずくがついているだけでなく、麺にももずくが練りこまれています。お迎えの船がやってきました。1泊2日、約26時間の与論島滞在はこれにて終了です。
伊平屋島旅行記

県道179号線を歩く。島脱出失敗!諦めてレンタサイクルを借りる | 2019 伊平屋島旅行記 その8

朝一の船で伊平屋島を脱出するため、 朝から県道179号線をひたすら歩いています。 しかし、朝一番の船は行ってしまいました。もう少しのところでした。ここまでは伊平屋島の南部しか見ていないので、あとの4時間は本来行く予定だった、島の北部で時間をつぶすことにしました。
伊平屋島旅行記

コミュニティバスが来ない… 野甫大橋から港まで歩く。帰りの船に間に合うのか | 2019 伊平屋島旅行記 その7

伊平屋島2日目のスタートです。テントをから出ると空は綺麗な朝焼け。テントを撤収し、すぐそばにあるバス停で、港方面に戻るバスを待ちます。…が、時間を過ぎてもバスが来ません。パンフレットに載っている番号に電話をしても、朝早いためか繋がらず…結局20分待っても来ないので、港まで歩くことにしました。
南国日記~沖縄移住の記録~

夜到着 弾丸でレンタカー旅!移住者おすすめのスポットを巡る|2019年沖縄旅行記その1

知り合いが遊びに来るというのは、移住者あるあるです。今回、沖縄にやってくる、知り合いのKさんは夜に到着し、翌日の昼に出発するという、滞在時間18時間の弾丸スケジュールです。レンタカーを借りて、まずは琉球ガラス村へ。続いて、八重瀬町に出現した巨大ピカチュウをゲット!短時間で沖縄を知る旅に出ました。
伊平屋島旅行記

ここをキャンプ地とする!突然の夕立で東屋に避難。そのまま野宿 | 2019 伊平屋島旅行記 その6

海の向こうに見えている沖縄本島では、雨が降っているのが写真から分かります。伊平屋島にも雨が降ってきました。ひとまず野甫大橋近くの東屋に避難します。ここに東屋があってラッキーでした。夕立。非常に強い雨です。この日はここをキャンプ地とすることにしました。私が持っているのはテントだけで、寝袋や枕もありません。充電が出来ないので、スマホやパソコンはもう使えません。明かりもありません。
タイトルとURLをコピーしました