快晴の与論島!念願だった百合が浜へ、上陸出来ず。大兼久海岸で写真だけ撮って帰る|2019年8月与論島旅行記 その9

島活in与論島

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は2019年8月「与論島旅行記 その9」をお届けします。

★前回の記事★

快晴の与論島

前日の天気とは打って変わって、与論島2日目はよく晴れてくれました。

f:id:beautifuldreaman:20191005174056j:plain

ということで、いよいよ与論島を代表するビーチであり、今回の旅行目的でもあった「百合ヶ浜」へと向かいます。

f:id:beautifuldreaman:20191005174426j:plain

与論島といえば有名なのが、毎年3月に開催される「ヨロンマラソン」。

どうやら本番の前日から相当盛り上がるようで、私の知り合いにもリピーターがおり、LINEトラベルでも『日本一楽しめるマラソン』のように紹介されています。

ぜひ一度参加してみてみたいものです。

★ヨロンマラソン中止の与論島旅行記★

大兼久海岸から念願の百合が浜へ

f:id:beautifuldreaman:20191005174456j:plain

このカーブから見えているのが、百合ヶ浜の最寄りの大兼久海岸です。ここからの景色は奄美十景のひとつに数えられているようです。

f:id:beautifuldreaman:20191005174525j:plain

ということで、百合が浜へ向かうボートが出る大兼久海岸までやってきました。

ちなみに、本来の予定ではこのキャンプ場で野宿する予定でした。

f:id:beautifuldreaman:20191005174554j:plain

時刻は9時半。百合が浜は大潮の干潮時に姿を現すビーチです。この日の干潮は14時50分頃ということで、百合ヶ浜の案内は12時半からとなっています。

つまり午前中のこの時間だと、百合が浜へ行くことが出来ないのです。

f:id:beautifuldreaman:20191005174626j:plain

沖縄へ帰る船が出るのは14時なので、結局、天気は晴れたものの百合ヶ浜へ行くことは出来ませんでした。

まぁ、またいつでも来ればいいのです。沖縄の本部港から与論島までは、往復約3000円ですからね。

f:id:beautifuldreaman:20191005174652j:plain

百合が浜の手前にある、大兼久海岸もなかなか綺麗です。ビーチでしばらく写真を撮った後、港へと送ってもらいました。

港で船が来るのを待つ

f:id:beautifuldreaman:20191005174718j:plain

朝のカフェで出会ってから約3時間、

車で島を案内してくださったDさんに感謝です。「次回来たときは泡盛を持ってきます」と伝えたので、この約束はしっかり守りたいと思います。

(まだ約束を果たせていない…)

f:id:beautifuldreaman:20191005174809j:plain

私と一緒に来ていた友人は「どうしても百合ヶ浜に行きたい」ということで、与論島にもう1泊することになりました。

f:id:beautifuldreaman:20191005174848j:plain

港まで連れてきてもらったものの、私は午後の船が来るまで、友人も午後の干潮の時間まで暇になりました。

f:id:beautifuldreaman:20191005174923j:plain

とりあえず港周辺をぶらぶら歩いてみます。空に雲がかかり雨が降ってきたと思ったら

f:id:beautifuldreaman:20191005174948j:plain

また晴れたり。

何だかよくわからない天気なので、外には出ず港の待合室で過ごしていると、私の電話が鳴りました。知らない番号からです。いったい誰からの電話でしょう。

ということで続きは次回です。

NEXT

本日もありがとうございました!

【フォロワー1000人】目指す!

本日の結果
Twitter 601人 Instagram 1082人

~沖縄移住281日目、終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました