県道179号線を歩く。島脱出失敗!諦めてレンタサイクルを借りる | 2019 伊平屋島旅行記 その8

伊平屋島旅行記

ブログをご覧いただきありがとうございます

今回は伊平屋島旅行記 その8をお届けします!

★前回の記事★

沖縄らしい景色、県道179号線を歩く

朝一の船で伊平屋島を脱出するため、 朝から県道179号線をひたすら歩いています。

f:id:beautifuldreaman:20191015065009j:plain

この看板で注目すべきは、字の「人口」と「戸数」が記載されるスペースがあるということ。これは初めて見ました。人口の増減があるごとに書き替えていたのでしょうか。

f:id:beautifuldreaman:20191015063823j:plain

道端に生えているのはパパイヤの木。

バナナとパパイヤが道端に実っている光景は、沖縄では当たり前のように見られます。

ちなみに沖縄では、写真のような緑のパパイヤを「野菜パパイヤ」、熟してオレンジ色になったものを「果物パパイヤ」というように区別されています。

f:id:beautifuldreaman:20191015065119j:plain

スナック絆

周囲を緑に囲まれたところにスナックがあるのは面白いですね。ここに行けばきっと島の噂話なども、すべて手に入るのでしょう(笑)

f:id:beautifuldreaman:20191015065746j:plain

脇道には立派な石垣がある家々が並びます。

f:id:beautifuldreaman:20191015065908j:plain

石垣の内側にあるのはこのような沖縄らしい古民家。そして、ハイビスカスとヤシの木。

いやぁ、いいですね。

パパイヤやバナナと同様に、こうした景色は沖縄本島でも当たり前のように見ることが出来ます。それでも「なんかいいなぁ」という感じで、思わず写真を撮りたくなってしまいます。

移住しても観光客気分でいると、得をした気分になります。

港に到着!島を脱出出来るか

まぁ、こんな感じで、のんびりした空気を感じるような写真を撮っていたのですが、実際はかなり急ぎ足でした(笑)

朝一番の船で島を出るために…

f:id:beautifuldreaman:20191015070253j:plain

しかし、朝一番の船は行ってしまいました。もう少しのところでした。

ただ、この日島から出れなくなったわけではありません。次の船は13時なので、島での滞在時間が4時間延長されたに過ぎないのです。

ここまでは伊平屋島の南部しか見ていないので、あとの4時間は本来行く予定だった、島の北部で時間をつぶすことにしました。

レンタサイクルを借りる

港でバス停を見つけました。1日4便運航があるようですが、本当にバスは走っているのでしょうか。

パンフレットには停留所と通過時間が書かれているのですが、島を歩いていても、バス停はほとんど見つかりませんでした。

そして前日から、バスの姿は一度も目にしていません。

港の目の前でレンタサイクルを借りることが出来ます。船の出入港前後しか、受付の人はいないようです。

閉まっていたので、電話をすると、すぐに担当の方が来てくれました。

レンタサイクルの料金は1時間300円。ギアが付いているのはありがたいです。

船の出港まで借りたい」と伝えたところ、2時間分の600円で貸していただけました。

レンタサイクルを借り「いよいよ出発」というところで、港の方をみると、バス停のところに1台のワゴンが。

どうやらこれがバスのようです。ナンバーの色、白いけど…(笑)

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

【フォロワー1000人】目指す!
本日の結果
Twitter 645人 Instagram 1130人

~沖縄移住291日目、終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました