お手伝いと自由時間で過ごす島暮らし体験!与論島での島活をご紹介

島活in与論島

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は【島活 in 与論島】についてご紹介します。

島活を一言でいうと 『超ディープな島暮らし体験』。ただの観光や島旅に飽き足りてしまった方に、島活はおすすめです!

★こちらでも紹介されました★
https://greenz.jp/2020/05/11/yoron/

与論島ってどこにあるの?

f:id:beautifuldreaman:20191113063225j:plain

島活は組織ではありません。ボランティア活動ともちょっと違います。

島活は、島で旅以上の体験をすることです。

まだ何も始まっていませんが、全国で島活をする仲間が増えてほしいなぁと考えています。

島との関わり方も十人十色ですが、ここでは私が与論島で行っている島活をご紹介します。

そもそも、与論島がどこにあるのかというと…

沖縄本島から北へ23kmの場所に浮かぶ、鹿児島県の離島です(ちなみに、与論島から鹿児島市までは500km以上離れています)。

周囲約20kmの島にはハイビスカスやブーゲンビリアなど、南国の植物が咲き乱れ、人が5000人、牛が5000頭ほどが、のんびりと暮らしています。

沖縄が返還されるまでは、日本最南端の島。1970年代の離島ブームの時には、多くの観光客が訪れていました。

その当時に移住された方が、今も島には多く暮らしています。

移住者の方が多い影響もあってか、観光客にも親切な島の方が多いです。

色んな人に、与論島の良さを知ってもらえたらな、と思うのです。

与論島の島活ですること

早速ですが、与論島での島活には、3つのポイントがあります。

1. 与論島に住むTさんのお手伝い
2. 与論島の人と仲良くなれるかも
3. 沖縄から与論島に行くのは実は安い

ひとつひとつ説明していきます。

1.島に住むTさんのお手伝い

私の島活が始まったきっかけは、2019年の8月上旬、初めて与論島に行ったときに出会った、Tさんとの会話からです。

f:id:beautifuldreaman:20191113063542j:plain

島生まれのTさん。自分が持っている農園を観光で生かしたいということでした。そこで私が、その仕組みや基盤づくりを、お手伝いさせていただくことになりました。

※今の時代、若者が離島や田舎を旅すると、こういう相談をよく受けます。

お手伝いの内容は難しい内容ではありません。

草刈りや海岸での植樹など、Tさんの作業のお手伝いが中心です。

こうした作業ご協力いただける方は、ぜひコメントなどでご連絡いただけると嬉しいです。

何か挑戦してみたいことがある方は、その実践の場としてもぜひご活用ください!

より多くの人が、何らかの形で与論島や島活に関わってほしいです。

2. 島の人と仲良くなれる かも

自分が「やりたいこと」をTさんに伝えて、それが実現出来そうものなものであれば、島の人を紹介してもらえます。

島育ちのTさんの人脈は絶大です。

「与論島の海を満喫したい」
「島の人と仲良くなりたい」
「キャンプイベントやりたい」
「ハンドメイド作品を売りたい」
「テレワークがしたい」

お手伝いの合間の自由時間で、色々なことが楽しめます。

田舎移住に興味にあり「島暮らしを体験したい」という方にも、おすすめかもしれません。島で自分なりに何かをする過程で、島の人との繋りを楽しむことが出来るはずです。

3. 沖縄から与論島に行くのは実は安い

「島活」を通じて与論島に来てほしい!

f:id:beautifuldreaman:20191113063941j:plain

ということでおすすめしたいのが、沖縄本島北部・本部港からの船をインターネットで予約することです。

本部港から与論島までの所要時間は2時間半。往復で3500円になります。 船は那覇から乗船することも可能ですが、その場合は船代が若干高くなります。

f:id:beautifuldreaman:20191113064034j:plain

宿泊はTさんの家でも可能ですが、Tさんの家は市街地から離れているので、与論島の夜を楽しみたい方は、ご相談いただけたら、おすすめの宿もご紹介致します!

テントや寝袋を持参していただければ、秘密の洞窟でキャンプも可能です。

以上が与論島の島活で出来ることになります。

島活のモデルは家島の週末島活

理想は、島活をしていただける方たちが、お手伝いを引き継いでいけるような仕組みづくりがしたいです。

例えば誰かが「ツリーハウス」を作り始めたとします。

島活をしてくれる人で作業を引き継ぎながら、時間をかけて作業を進めていくことで、携わる人の数が増えていきます。

完成途中の作業に携わると、その後も「あれはどうなったか」と気になるものです。常に気にしてくれる人(ファン)がいる状態を作れるのです。

f:id:beautifuldreaman:20191113064222j:plain

「島活」のもとになっているのは、兵庫県の離島「家島」で行われている『週末島活』です。

shimakatsu.ieshimacon.com

休日に島で自分がやりたいことして過ごす…
⇒ 週末×島×活動 というコンセプトです。

本当は「週末島活」という言葉を使いたく、中西さんのOKも貰っていたのですが、平日でもOKなので「島活」にしました。

f:id:beautifuldreaman:20191113064433j:plain

根底にあるのは
「離島の魅力を知ってもらいたい」
「島旅をする人を増やしたい」
「島のファンを増やしたい」
「ファン同士で勝手に島を応援したい」
というような想いです。

【島活 in 与論島】

島で一緒に面白いことしませんか。ぜひお気軽にお問い合わせください。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★☆2月の島活の様子☆★

.

【フォロワー1000人】目指す!
本日の結果
Twitter 702人 Instagram 1227人


~沖縄移住320日目、終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました