父島の玄関口・二見港は大神山神社から見下ろすのがおすすめ ~初めての小笠原諸島 旅行記10 ~

初めての小笠原諸島
スポンサーリンク

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回はお久しぶりに
【はじめての小笠原諸島旅行記】その10
をお届けします。

★前回の記事★

原付で島を巡る

父島滞在2日目。

もともとは完全にノープランでしたが、
前日の夕方に原付を借りたので
島を1周してみることにしました。

f:id:beautifuldreaman:20191127062922p:plain

島の1周道路は海岸線に沿っているわけではなく、
マップに示した赤線のように半周は山の中です。

1周は大体20kmくらいです。

自然保護の観点から、一般人がガイドなしで
立ち入ることが出来るエリアも
基本的にこの道路沿いのみ。

たとえばマップにある「東海岸」の方面には
行くことが出来ないのです。

集落に近い大神山神社

f:id:beautifuldreaman:20191127063700j:plain

まずは港からも近い集落の「大神山神社」へ。

小笠原諸島の島々は
1593年に信州の城主であった
小笠原貞頼によって発見された…

と言われています。

その時父島に
「大日本天照皇大神宮の地」と記した
標柱が建てられたと伝えられているそうです。

f:id:beautifuldreaman:20191127064709j:plain

この階段が意外と長くきついのですが、
登った先にはこのように社殿があります。

なお、こちらが開いているのは
おがさわら丸の入港日と出港日の
限られた時間のみです。

おみくじやお守りがあったり、
御朱印ももらえるそうです。

こうした情報を私は全く知らなかったので、
とりあえず今日1日退屈しませんように
と手を合わせました。

二見湾を一望するスポットへ

f:id:beautifuldreaman:20191127065405j:plain

まだ先に道があったので行ってみることに。

f:id:beautifuldreaman:20191127070005j:plain

二見湾を一望することが出来る展望スポット。 

自然の地形で、
これだけ大きな湾がある島も珍しいです。

東京諸島の島々の多くは、
島の一部に人口の湾を作ったり、
海に突き出すような形で桟橋を作ったりして
船が接岸できるようになっています。

父島の玄関口 二見港

f:id:beautifuldreaman:20191127074835p:plain

そのため、おがさわら丸が
「父島に接岸できない」ということはありません。

また、二見湾にはクルーズ船もやってきます。
その時は港に接岸するのではなく、
湾内に客船を停泊させ、
そこから小型の船に乗って島に上陸するのです。

f:id:beautifuldreaman:20191127074946j:plain

ちなみに飛鳥Ⅱが父島に入港する場合は、
定員を満員にすることはしないそうです。

以前からご紹介していますが、
父島を楽しむためには
「ツアーに参加する」ことが一般的です。

飛鳥Ⅱの定員はパンフレットによると872名。
それだけのお客さんを
受け入れるキャパはないのです。

f:id:beautifuldreaman:20191127191626j:plain

そして面白いのが
二見港は出入国港に指定されているので、

例えばクルーズ船のグアムクルーズなどで
父島に入港した場合、「FUTAMI」という
幻のスタンプがパスポートに押印されます。

f:id:beautifuldreaman:20191127191854j:plain

そんな二見湾にも2011年に
東日本大震災で津波が押し寄せています。

Youtubeで当時の動画もアップされているので
興味のある方は調べてみてください。


そんなわけで大神山神社と二見港のことだけで
1000文字を超えてしまったので

.

NEXT

.

今回はここまでにします。
本日もありがとうございました。

.

【フォロワー1000人】目指す!
本日の結果
Twitter 734人 Instagram 1259人

~沖縄移住334日目、終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました