島を歩いて1周!滞在4時間半、島で唯一の信号を赤にする|2019 日帰り渡名喜島旅行記 その4

渡名喜島旅行記

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は【渡名喜島旅行記】その4をお届け致します!

★前回の記事★

4時間半で島を歩いて1周する

渡名喜島に到着して、まずは島のマップを手に入れました。

f:id:beautifuldreaman:20191128050033j:plain

こうしたイラスト風のマップは個人的に好きで、いいお土産になります。一方で、距離感が分かりにくいです。

ただそれは、グーグルマップを使用すればいいだけの話です。

f:id:beautifuldreaman:20191128050400p:plain

え…

グーグルマップで、港から最も遠い場所にあると思われる「大本田展望台」までの経路を調べてみたのですが、道が出てきませんでした(笑)

f:id:beautifuldreaman:20191128050821j:plain

しかし、3.3kmという距離は表示されています。

「それくらいの距離感なら歩けるだろう」ということで、船の出港までの4時間半、島を歩いて1周することにしました。

ちなみに、渡名喜村は全国で2番目に面積が小さい村です。

港周辺の集落の雰囲気

f:id:beautifuldreaman:20191128051000j:plain

港の周辺には集落が形成されています。

渡名喜村は、渡名喜島と無人島・入砂島の2島で構成されており、村のホームページによると、361人が暮らしています。(令和元年10月現在)

戦後の1950年には1600人近くいたそうです。

沖縄本島中南部では人口が増加し、高齢化率も低いのですが、本島北部や周辺の小さな離島では、他の日本の田舎や島と同じように「人口減少」「高齢化」が深刻です。

f:id:beautifuldreaman:20191128051954j:plain

集落内の道路にはこのように「サンゴダスト」が使われています。

写真のおじちゃんは、いつも通り、ただ自転車に乗っているだけしょうが、とてもフォトジェニックな写真になります。

この写真1枚だけで、のんびりとした雰囲気が伝わってきます。

f:id:beautifuldreaman:20191128052836j:plain

この狭い道ですが、もちろん車も通ります。

今回私は「歩いて」島を巡るという手段を取りましたが、レンタカーとレンタサイクルもあるようです。

最新の詳しい情報はなかなか出てこないので、渡名喜村観光協会(TEL:098-989-2066) に電話をするのがおすすめです。

信号は村にひとつだけ

f:id:beautifuldreaman:20191128052214j:plain

島(村)で唯一の信号機です。

きっと赤信号が表示されることはほとんどないでしょう。せっかくなので、ボタンを押して赤信号にしてみました(笑)

【島旅10秒動画】島で唯一の信号機が赤になる瞬間~沖縄県・渡名喜島~

集落を抜けると山の緑が迫ってきました。

f:id:beautifuldreaman:20191128053633j:plain

電線はありますが街灯はありません。きっと夜は満点の星空が広がるでしょう。

f:id:beautifuldreaman:20191202062009j:plain

今度は海沿いを歩きます。このとき10月下旬ですが、照り付ける日差しにまだまだ夏を感じる沖縄です。

f:id:beautifuldreaman:20191202062208j:plain

道端にアンカー(錨)がポイ捨てされていました。島を感じます。

f:id:beautifuldreaman:20191202062352j:plain

道端の電柱は、木製とコンクリート製が両方使われているようです。

木製の電柱が使われていることは今でも全国にありますが、この写真のように、コンクリート製のものと並んでいるのは初めてみました。

f:id:beautifuldreaman:20191202063126j:plain

これはいったいなんでしょう。用途が全く分かりません(笑)「島だなぁ」と思いますね。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

.

【フォロワー1000人】目指す!
本日の結果
Twitter 740人 Instagram 1262人
~沖縄移住335日目、終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました