2019-12

旅の思い出

【旅先からの投稿】2019年→2020年 年末年始の旅 3日目@常磐線の車内

今朝のスタートは5時!出発から約1時間。山形では雪がありませんでしたが、目が覚めると、外には銀世界が広がっていました。 午前中は銀山温泉へと向かいます。午後は常磐線を乗り継いで、東北地方の太平洋沿岸を南下します。夕方でもう暗く、さらに雨も降っていたため、景色はあまり見えませんでした。
2019年→2020年 年末年始の旅

【旅先からの投稿】2019年→2020年 年末年始の旅 1日目-2日目@仙台

2019年の年末。旅に出ています。今日はその2日目です。現在は仙台でこの記事を綴っています。詳細な旅行記は後日お届けするとして、今回は昨日から今日までのダイジェストをお届けします。向かった先は田代島。島には2時間滞在。歩きながら、たまに出てくる猫たちとのふれあいを楽しむことが出来ました。
島活in与論島

船の出港まで島を巡る。ヨロンブルーに感動!|2019年10月与論島旅行記 最終話

そしてやってきました、与論の海です。沖の方に小さな船がいくつかありますが、あそこが百合が浜です。ちょうど干潮の時間だったようで、海にぽっかりと出来た砂浜(=百合が浜)を見ることが出来ました。波照間ブルーや宮古ブルーとはまた違う、ヨロンブルーが広がっています。そしてお迎えの船がやってきました。
南国日記~沖縄移住の記録~

東京駅から成田空港へ!バスが渋滞にはまる。飛行機に間に合うのか|2019 東京旅行記 最終回

池袋のサンシャインシティから東京駅へ。東京駅からはバスで成田空港へ向かいます。東京駅八重洲北口を16時に出るバスに、間に合うか間に合わないか微妙になってきました。結局バスには、間に合いませんでした… 成田空港に到着したのは搭乗手続き終了時刻30分前。いまだに「沖縄へ帰る」というのが不思議な感覚です。
南国日記~沖縄移住の記録~

これが24歳移住者の沖縄ライフ!沖縄移住半年~1年目の思い出をご紹介

2019年12月19日。沖縄に移住して1年が経ちました。 今回は沖縄移住7か月目から12か月目までの、個人的な思い出を振り返ります。 東京で働いているときより朝は遅いですが、家を空けている時間はそれなりに長いです。ですが、辛いという感覚はありません。今までこうした景色は、旅先でしか見ることが出来ませんでした。
島活in与論島

与論島のスーパーを物色!沖縄との違いを感じる|2019年10月与論島旅行記 その2

旅先のスーパーもまた、地域の特徴が感じられるので面白いです。沖縄本島と与論島の距離は23km。少ししか離れていないのに、こうした違いがあるのは面白いです。これだけを見ると「離島は物価が高い」ということになりますね。一方で、こんな激安商品もありました。
南国日記~沖縄移住の記録~

沖縄からアイランダーに参戦!会場の雰囲気をご紹介|2019 東京旅行記 その4

池袋にやってきました。年に1度行われる離島の祭典「アイランダー」に参戦します。 今回東京にやってきた、一番の目的はこれです。今年は190の島が参加していたそうです。外は寒いですが、会場内は熱気に包まれています。ちなみに、アイランダーに合わせて、ニッポン全国物産展が行われているのも毎年恒例です。
南国日記~沖縄移住の記録~

【沖縄移住1周年】沖縄に移住したい人向け!アドバイスを3つ考えてみた。地方移住におすすめ

本日、沖縄に移住して丸1年を迎えました。今回は「沖縄に移住したい」という方への、アドバイスを綴ります。私からのアドバイスは3つです。沖縄移住と検索すると、ネガティブな記事も多いですが、憧れを捨てて、生活を工夫をすれば、素敵な沖縄移住になると思います。私の場合「面白そう」と思って見つけた仕事が、たまたま沖縄でした。
島活in与論島

2回目のヨロン!仲良くなった島民の方の家に泊まる|2019年10月与論島旅行記 その1

ただ、島の方(Tさん)との面白い出会いがあり、帰り際に「月1で与論に来ます!」 という約束をしてしまいました(笑)与論島に行くのは2か月ぶりです。Tさんとの再会も果たし、まずは昼食。青い珊瑚礁のもずくそば。 今回はTさんの家に泊まります。荷物を置いて、Tさんの家の庭にある農園を見学。
沖縄コーヒー

試飲会の結果!おじぃのリアクションはいかに | 沖縄コーヒー農園 2019年12月 旅行記

今回は東京で回収したアンケートを、安里おじぃに渡しました。 この評価をみたおじぃは「いい意見ばっかりだねぇ…」というリアクション。どうやら、ご本人的にはまだ納得できるレベルのコーヒーに達していないようなので、この評価は意外だったようです。おじぃから出た名言は「お酒は記憶を無くすけど、コーヒーは記憶を深めてくれる」。
渡名喜島旅行記

沖縄の原風景!古民家とフクギ並木の集落を歩く|2019 日帰り渡名喜島旅行記 最終回

私は島1周をここで諦め、フクギ並木で有名な集落を散策することにしました。渡名喜島のフクギ並木は屋敷林だけでなく、防潮林、暴風、防火、建築材としても利用されています。落ち葉掃きをしているおばぁがいました。沖縄の原風景がここにあります。定刻通り渡名喜島を出港しました。これにて渡名喜島旅行記は終了です。
初めての小笠原諸島

小笠原諸島と戦争の歴史。全島民疎開の歴史 ~初めての小笠原諸島 旅行記11 ~

父島は1945年から1968年まで、米軍の統治下にあったのです。小笠原諸島の島民は、全員本土へ疎開するよう命令が出されたました。「全島民疎開」以降、一般人が住んでいるのは父島と母島のみ。現在も島に残る戦跡を巡る「戦跡ツアー」もあるので、詳しく知りたい方はご参加されるのがおすすめです。
南国日記~沖縄移住の記録~

安里コーヒーの試飲会を銀座・わしたショップで行いました|2019 東京旅行記 その3

2019年11月23日18時から、銀座にある沖縄のアンテナショップ「わしたショップ」で、安里おじいが作る沖縄県産コーヒーの無料試飲会を行いました。これも、色々な方のニーズに応えられるようなカフェを作ろうという、安里おじいの想いからです。当日は強い雨でとても寒く、金曜日の夜でしたが、全くお客さんがお店に入ってきません。
渡名喜島旅行記

ここは外国?と思わせるよな自然の景色。あがり浜に到達|2019 日帰り渡名喜島旅行記 その6

この景色は完全に外国です。ここが「日本である」という証明が出来ませんね。それが島旅の魅力のひとつでもあります。あがり浜にやってきました。ここではキャンプをしてもOKのようです。この時点で私はもうすっかり渡名喜島にハマっています。時刻は13時半。船の出港まで残り2時間です。
旅の思い出

【伊豆大島の旅】爆弾低気圧の中でキャンプ(野宿)をしました|2016年旅行記

伊豆大島といえば、東京から南へ約10kmの洋上に浮かぶ、自然豊かな島。この旅の2週間後、私は鹿児島県・トカラ列島を、3日間野宿しながら旅する予定がありました。初めての伊豆大島は「野宿の練習」だったのです。じつはこの日の夜から翌日にかけて、関東地方を「爆弾低気圧」が通過する予定だったのです。
タイトルとURLをコピーしました