オレンジペペの正体と父島のがっかり名所「初寝浦海岸」~初めての小笠原諸島 旅行記10 ~

初めての小笠原諸島

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「初めての小笠原諸島 その10」をお届けします。

★前回の記事★

「オレンジペペ」の正体とは

旅の2日目。父島を原付で巡っています。

島の山側を通る「夜明け道路」は、アップダウンが激しいです。自転車ではなく原付を借りて正解でした。

f:id:beautifuldreaman:20191205060526j:plain

長崎展望台の次にやってきたのは、JAXA小笠原追跡所です。

この巨大なアンテナは電波望遠鏡になっています。

f:id:beautifuldreaman:20191205060812j:plain

石垣島と水沢(岩手)、入来(鹿児島)にも同じアンテナがあり、その4か所から宇宙の同じ星をみると、精度が高い天体観測が出来ます。

ちなみに、この巨大アンテナは夜になると、オレンジのライトで照らされます。

その様子から、小笠原諸島の夜に見られる光るキノコ「グリーンペペ」にちなんで、「オレンジペペ」の愛称で親しまれています。

初寝浦海岸を目指して歩く

f:id:beautifuldreaman:20200108062029j:plain

続いてやってきたのは、初寝浦展望台

ここからは眼下に「初寝浦海岸」を見ることが出来ます。海岸の砂が緑色で、ウグイス砂とも言われるそうですが、ここから見ると一般的な白砂のビーチです。

f:id:beautifuldreaman:20200108062623j:plain

ということで、初寝浦海岸へ行ってみることに。

小笠原諸島にある散策路の入口では、靴底の洗浄などをすることで、外来種の流入を防ぐ取り組みが行われています。

初寝浦展望台の周辺も、世界自然遺産の保護エリアとなっています。

f:id:beautifuldreaman:20200108062728j:plain

・天然記念物のオカヤドカリ
・絶滅危惧種のアカガシラカラスバト
など、小笠原らしい珍しい生き物がいないか探しながら歩きます。

f:id:beautifuldreaman:20200108062242j:plain

散策路はまさに熱帯のジャングル。初寝浦海岸までは40分ほどかかりました。

初寝浦海岸はがっかり名所?

結論から言うと、初寝浦海岸、かなり地味です(笑)

f:id:beautifuldreaman:20200108062843j:plain

ここまで歩いて来るのが大変な分、滅多に人は来ないので、「プライベートビーチ感」はあります。

砂もやはり普通の白砂のような気がします。曇っていることも影響しているのでしょうか。

f:id:beautifuldreaman:20200108062938j:plain

砂浜には点々と木の枝が立てられています。

これは「この下にウミガメの卵があります」というサイン。小笠原諸島の砂浜では、こうした木の枝がよく見られます。

f:id:beautifuldreaman:20200108063039j:plain

しばらく休憩してから、歩いてきた散策路を再び歩きます。

帰りは急な登りなので、結構ハードです。何か珍しい生き物を探す余裕もありませんでした。

f:id:beautifuldreaman:20200108064307j:plain

こちらはトカゲ。今回見つけた生き物はこいつだけです。

後から聞いた話ですが、初寝浦海岸は父島のがっかり観光地と言われているそうです。まぁ、確かにコスパがいいとは言えませんね。

私もこの後何度も父島を訪れていますが、初寝浦海岸には足を運んでいません。

f:id:beautifuldreaman:20200108063528j:plain

時刻は11時を回りました。再び原付に乗って、島1周を再開します。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

.

【SNS 本日の結果】
Twitter 758人(前日比+3) 
Instagram 1281人(前日比+2)
Youtube 6944回 (前日比+119)

~沖縄移住341日目、終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました