沖縄の原風景がここにある。自然と海とフクギ並木の島を歩いて1周する|2019 日帰り渡名喜島 旅行記 その8

渡名喜島旅行記

ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は
【渡名喜島旅行記】その8
をお届け致します!

★前回の記事★

島の何気ない景色

電柱も家もない、島の何気ない景色です。

f:id:beautifuldreaman:20191214072044j:plain

ただ、道端に雑草が伸びきっているわけでもなく
綺麗に整えられています。

そんな道端の草をよく見ると…

f:id:beautifuldreaman:20191214072307j:plain

分かりますかね…?

チョコチップのようなものが落ちているのが。

これはヤギの糞です。
道端の草はヤギが食べてくれているんですね。

f:id:beautifuldreaman:20191214072610j:plain

目指すのはあがり浜。

あがり」というのは
沖縄の方言で「」を意味しています。

f:id:beautifuldreaman:20191214072823j:plain

海をよく見ると枝が列をなしています。

これは伊平屋島でも見ましたね。

あおさの養殖です。

f:id:beautifuldreaman:20191214073001j:plain

朽ち果てた公園の遊具。

かつては多くのちびっ子たちがいたのでしょうか。

きっと5年後には、
全国で廃墟の島が増えるだろうなぁと思います。

f:id:beautifuldreaman:20191214074433j:plain

ダイナミックで独特な地形です。

この海崖は「シュンザ」といい
200mほど続いています。

f:id:beautifuldreaman:20191214074801j:plain

崖下(池の向こうに側)にあるのが
アマンジャキ」という旧道です。

ここは満潮時でも通行できるように
先人たちが石を積み重ねて造ったそうです。

落石の可能性があるそうで、
現在は立ち入りが禁止されています。

あがり浜に到着

f:id:beautifuldreaman:20191214075156j:plain

あがり浜にやってきました。

ここではキャンプをしてもOKのようです。

この時点で私は
もうすっかり渡名喜島にハマっています。

夏にキャンプしたいなぁ」と思うものです。

f:id:beautifuldreaman:20191214075428j:plain

シャワー付きのトイレもあります。

f:id:beautifuldreaman:20191214075510j:plain

シャワーはこんな感じです。

この時期は
ほとんど利用がないであろうにも関わらず
それなりに綺麗にされているのはいいですね。

f:id:beautifuldreaman:20191214075642j:plain

タンクローリーに書いてあるのは「西原町」。

おそらく古くなったものが
島に回って来たのでしょう。

f:id:beautifuldreaman:20191214075816j:plain

渡名喜島のマンホール。

やはりダイナミックな山と
南国的な草花が描かれています。

【島旅】渡名喜島を歩く動画~海がきれい~

ただ、最近は渡名喜島といえば
フクギ並木が有名です。

時刻は13時半。船の出港まで残り2時間。

渡名喜島のフクギ並木

f:id:beautifuldreaman:20191214080433j:plain

あがり浜からは村道1号線で集落を抜けて
まっすぐ港に戻ることが出来ます。

私は島を1周することをここで諦め、
フクギ並木の集落を散策することにしました。

f:id:beautifuldreaman:20191214080603j:plain

路上駐車ならぬ路上駐船(笑)

これははじめて見る光景です。

f:id:beautifuldreaman:20191214080758j:plain

渡名喜島のフクギ並木は屋敷林だけでなく

防潮林、暴風、防火、
建築材としても利用されています。

シーサーとフクギとのどかな景色。

竹富島はすっかり観光地になっていますが、
渡名喜島はまだまだ観光客が少ないです。

沖縄の原風景がここにありますよ。

ということで今回はここまで。

NEXT

本日もありがとうございました。

【SNS 本日の結果】
Twitter 809人(前日比+5) 
Instagram 1320人(前日比+4)
Youtube 7438回 (前日比+81)

コメント

タイトルとURLをコピーしました