2回目のヨロン!仲良くなった島民の方の家に泊まる|2019年10月与論島旅行記 その1

島活in与論島

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は2019年10月「与論島旅行記」その1をお届けします。

★前回の記事★

本部から乗ると3000円お得

百合が浜に行きたい!ということで、今年の8月。初めて与論島を訪れましたが、まさかの大荒れ。

結局、百合が浜には行けませんでした。

f:id:beautifuldreaman:20191025210814j:plain

ただ、島の方(Tさん)との面白い出会いがあり帰り際に「月1で与論に来ます!」 という約束をしてしまいました(笑)

早速、9月に来島する予定を立てていましたが、台風が来たので中止。与論島へ行くのは2か月ぶりです。

f:id:beautifuldreaman:20191218055902j:plain

今回は前日の夜に出発し、名護のマックで朝まで作業。

本部港からフェリーに乗船で与論島へ向かいます。もちろん那覇からも乗ることは可能ですが、本部から乗船することで、往復で3000円近くお得になるのです。

本部までは、本島南部から原付で向かいますが、それでもガソリン代は往復で500円程度。

f:id:beautifuldreaman:20191218060722j:plain

明るくなる前にはマックを出発し本部港へ。こちらはその途中に撮った朝焼けの写真。

今回はいい天気になりそうです。

地域商品券をゲットして与論島へ

本部港に到着し、ベンチでしばし仮眠。

f:id:beautifuldreaman:20191218060908j:plain

地域商品券2千円分プレゼント」 というものを発見しました。

この台紙にスタンプを押して、与論島の観光協会に持っていくと商品券がもらえます。

f:id:beautifuldreaman:20191218061641j:plain

乗船しました。ここから約2時間半の船旅です。

f:id:beautifuldreaman:20191218062324j:plain

与論島に到着!今回は天気もよさそうです。

Tさんとの再会も果たし、まずは昼食。

f:id:beautifuldreaman:20191218062653j:plain

青い珊瑚礁のもずくそば。

安くて旨い、島らしい料理。

ここに来るのは2回目ですが、きっと今後も定番の流れとして、ここで食べることになるのでしょう。

秘密のビーチと洞窟探検

昼食を食べたらTさんの家へ。

f:id:beautifuldreaman:20191218062930j:plain

今回はTさんの家に泊まります。荷物を置いて、Tさんの家の庭にある農園を見学。

Tさんは、ここを観光客が入れるようにしたいと考えています。

f:id:beautifuldreaman:20191218063350j:plain

一通り農園の見学を終えたら、再び車に乗って、今度は秘密のビーチへ。

人が誰もいないビーチ。そして宙に浮いているように見えるボート。こうした絶景は、何度見てもいいものです。

f:id:beautifuldreaman:20191222061130j:plain

海を見た後、Tさんに案内されたのは洞窟。隠れ家的なスポットです。

一応ロープもあって、人が通ることは出来ますが、ガイドブックには載っていません… 普通の観光客はまず行かない場所です。

f:id:beautifuldreaman:20191222061204j:plain

天井の低い洞窟を抜けた先には、海が広がっていました。穏やかな海とは異なり、ここでは岸壁に荒波が打ち付けています。

でも、ここも与論島。一応ヨロンブルーといえるのかもしれません。

f:id:beautifuldreaman:20191222061310j:plain

しばらく海を眺め、来た道(洞窟)を戻ります。

割と強めの雨が降ってきたので、この日の観光はこれにて終了。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

.

【SNS 本日の結果】
Twitter 824人(前日比+9) 
Instagram 1335人(前日比+6)
Youtube 7693回 (前日比+82)

コメント

タイトルとURLをコピーしました