ヨロンブルーへのアクセス【答え】徒歩約20分!この島でやりたいこと|2019年12月与論島旅行記 その2

島活in与論島

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は2019年12月「与論島旅行記」その2をお届けします。

★前回の記事★

与論島を歩く

港の近くで「乗っていきな!」という、逆ヒッチハイクを受け、まさかの知らない場所へ連れていかれてしまいました。

Tさんの家を目指して歩きます。

f:id:beautifuldreaman:20200115050711j:plain

銀座通りまでやってきました。

錆び付いた看板に書かれているのはヨロン黒糖 。「綺麗な海×レトロ感」は、与論島の魅力のひとつです。

f:id:beautifuldreaman:20200115045555j:plain

ヤシの木には立派な実が成っていました。これも道端の何気ない景色です。

f:id:beautifuldreaman:20200115051217j:plain

何気なく歩いていた道の名は「夢叶通り」。

素敵な名前です。与論島にはこうしたお洒落さもあります。

f:id:beautifuldreaman:20200119204625j:plain

道端で風になびくすすき。その後方の草原には「牧草ロール」が置かれています。

f:id:beautifuldreaman:20200119204929j:plain

与論島では畜産が行われています。

子牛を育てて出荷することが行われており、総飼養頭数は5,000頭を越え、島の人口に迫る勢いだそう。

家の近くのヨロンブルーが美しかった

1時間以上歩いて、Tさんの家に到着しました。

が、 Tさんと中田さんがいません…

連絡をすると、まだ島内観光をしているとのことでした。待っているのももったいないので、海まで行ってみることにしました。

f:id:beautifuldreaman:20200119211701j:plain

その途中で見つけた、こちらはドラゴンフルーツです。

f:id:beautifuldreaman:20200119210236j:plain

Tさんの家から海までは歩いて20分ほど。

f:id:beautifuldreaman:20200119210826j:plain

天気も良くなり、大変美しいヨロンブルーが広がっていました。

f:id:beautifuldreaman:20200119211147j:plain

海の透明度が高すぎて、ボートが浮かんでいるように見えます。ちなみに、アンドロイドのカメラで撮影した写真です。

こうした写真を見たことはありましたが、生で見るのは初めてです。

f:id:beautifuldreaman:20200119211404j:plain

海に写る自分の影で自撮り(笑)

しばらく海を眺めながらのんびりしていると、中田さんから「家に着きました!」という連絡が来たので、Tさんの家に戻ります。

与論島で何かやりたい!

Tさんの家に着くと、何やら熱く語り合っていたので、その輪に混ぜていただきます。

f:id:beautifuldreaman:20200119212214j:plain

話の内容はTさんの夢

簡単にまとめると、Tさんの夢は自分の農園でパーマカルチャー(持続可能な農業)の仕組みを作ることだそう。

f:id:beautifuldreaman:20200119212141j:plain

Tさんの友達という方もやってきました(笑)

f:id:beautifuldreaman:20200119213229j:plain

Tさんの農園には、たくさんのヤシの木があります。

ただ、これらの木々は放置された状態なので、メルカリで売って現金収入にしたり、ハンドメイドで作品を作ったり。 好きに使ってOK

f:id:beautifuldreaman:20200122050051j:plain

写真は農園の一角にある、よく分からないスペース。ここにツリーハウス作りたい!という話もしました。

色々とやりたいことはあるけど、仲間がいない… そんな状況です。興味がある方はぜひご連絡ください!

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

.

【 SNS本日の結果】
Twitter 890人(前日比+5) 
Instagram 1413人(前日比+7)
Youtube 9700回 (前日比+59)

~移住2年目 26日目終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました