星空に照らされた農園カフェで鍋パーティーを検証してみた |沖縄コーヒー農園 2020年2月旅行記

沖縄コーヒー

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「沖縄コーヒー農園 2020年2月編」をお届けします。

★前回の記事★

クラウドファンディングの結果

f:id:beautifuldreaman:20200220111158j:plain

この日はあいにくの曇り空。冷たい風も吹いて、冬の沖縄らしいともいえる天気です。

いくら沖縄といえど、この時期にバイクで3時間以上風に当たると、かなり寒いです。

北海道から沖縄に移住された方からは「家でストーブを焚いている」という話も聞きました。

f:id:beautifuldreaman:20200220112543j:plain

それでも何とか到着。

実は先月、このカフェの建設材料を調達するため、クラウドファンディングに挑戦してみようという話に。

Polcaという、少額クラウドファンディングサービスを利用し、1か月で計6名様から3600円をご支援いただきました。

f:id:beautifuldreaman:20200220112038j:plain

クラウドファンディングの結果を伝えると、安里おじぃもご満悦の様子。

ご支援いただいた6名様、ありがとうございました!

ここでしか飲めないコーヒー

f:id:beautifuldreaman:20200220113037j:plain

こちらは前日の午前中に採れたというコーヒー豆。

今シーズンは「台風が少なかった」「台風対策がうまくいった」ことから豊作だったそうです。

f:id:beautifuldreaman:20200220114052j:plain

収穫のピークは終わりましたが、コーヒーは、熟した果実と熟していない果実が1つの木に混在しているため、安里おじぃは、毎日木をチェックして、熟している実だけを収穫しています。

f:id:beautifuldreaman:20200220113311j:plain

収穫した果実からコーヒー豆を取り出し、乾燥させる作業もあります。

この一連の作業を、安里おじいはひとりで行っているので、注文を受けて出荷出来るほどの量を、生産することは出来ていません

安里おじぃの沖縄コーヒーは、ここに来ないと飲むことが出来ない幻のコーヒーといえるでしょう。

■コーヒー体験のお申込み先は こちら

居心地いい場所づくりが必要

「そこに行かないと飲めない」というのは、観光としての要素があるだけでなく、コーヒーを飲む人が、農家さんへ直接お金を渡すことになるので、フェアトレードのやり方のひとつであるともいえます。

f:id:beautifuldreaman:20200224085312j:plain

その代わりに、コーヒー農園だけでなく、コーヒーを味わうための居心地のいい場所が必要です。

そこで今月は「ある検証」を行いました。

この写真、崖の下に安里おじぃがいるのが分かりますか?

f:id:beautifuldreaman:20200224090030j:plain

崖下にいる安里おじぃに向かって、私が上からロープを投げます

そして、ロープをキャッチした安里おじぃが、崖下に散らかっている、大きめの木々をロープに巻き付けます。

f:id:beautifuldreaman:20200224090237j:plain

安里おじぃの合図があったら、私が一気に引き上げます。

これが結構重くて大変でした。

f:id:beautifuldreaman:20200224090423j:plain

崖の上まで引っ張ったら、木に結ばれたロープを解いて、また私が安里おじぃに向かってロープを投げる、という作業を1時間ほど行いました。

f:id:beautifuldreaman:20200224090746j:plain

回収している木々は、コーヒーの木々を風から守るための、いわば防風林が枯れたもの。

これらの木々を片付けることで、コーヒー農園の景観も綺麗になります。

f:id:beautifuldreaman:20200224091256j:plain

次は回収した枯れ木を燃やし、炭を作ります

火が消えないように、こまめに小枝や枯れ葉なども追加。

全身に煙を浴びながら、この作業を2時間。

f:id:beautifuldreaman:20200224091656j:plain

炭が完成しました。

ここまではまだ準備の作業。検証の本番はここからです。

f:id:beautifuldreaman:20200224092629j:plain

こちらはこの日の私の持ち物。

食料しかありません(笑)

f:id:beautifuldreaman:20200224092517j:plain

安里おじいからはジャガイモの差し入れ。

アルミホイルに包みます。

f:id:beautifuldreaman:20200224092908j:plain

完成した炭をカフェスペースに運び、囲炉裏のような形を作ります。

今回の検証内容は『ここで鍋を囲んで夕食を食べよう!』というものです。

f:id:beautifuldreaman:20200224094238j:plain

先月、安里おじぃから「この鍋を買ったから使いたい」「外でみんなでご飯食べよう」「出来るだけ早めがいいな」という話があり、実現に至りました。

コーヒー農園で星空の下の鍋パーティー

f:id:beautifuldreaman:20200224094847j:plain

18時、メンバーも集まり乾杯!!!

私は原付なのでさんぴん茶です。

f:id:beautifuldreaman:20200219182805j:plain

今回の参加者は大学生4人。沖縄から2人、東京・新潟から1人ずつ。

皆さんコーヒー農園に来るのは初めてで初対面の人もいます。

f:id:beautifuldreaman:20200224100105j:plain

自己紹介などをしながら、場が和んできたら、コーヒー農園の見学鍋づくり

沖縄でコーヒー農園を見学することも、火を焚いたりすることも、皆さん初めて。

f:id:beautifuldreaman:20200219175457j:plain

なかなか鍋が温まらないので、火を強くします。

もちろん、コンロのように、片手で強火にすることは出来ないので、枯れ葉を入れたり息を吹いたり、色々とやる必要があります。

f:id:beautifuldreaman:20200219185746j:plain

周囲も暗くなり、火も強くなり、まさにキャンプファイヤーという雰囲気です。

f:id:beautifuldreaman:20200219191525j:plain

グツグツグツと音がしてきたので、蓋を開けると、いい感じに仕上がっていました。

f:id:beautifuldreaman:20200219192014j:plain

鍋の中身はこんな感じ。

ベースはインスタントの醤油ラーメン、そこに肉・野菜・豆腐などを突っ込んだ鍋の完成です。

これがなかなか美味しいのです。

f:id:beautifuldreaman:20200219193617j:plain

沖縄といっても、冬の夜は涼しいです。

火を囲んで鍋を食べると身体が温まります。

おしゃべり好きな安里おじぃのトークで場も盛り上がります。

f:id:beautifuldreaman:20200219193845j:plain

時間がかかっていたじゃがバターも完成。

そして、ここはやんばるの森の中。

近くに明かりはないので、沖縄本島でも屈指の星空スポットとなっています。この辺からはもう、トークではなく男5人で星空を眺めていました。

写真には写らない絶景です。

そんなこんなで時刻は21時。ここでお開きです。本当は20時までの予定でしたが、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

★参考:居心地のいい空間を目指して

【沖縄コーヒー体験】おじぃがカフェを手作り中~おきなわSDGs~

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました