元旦の父島でやりたい4つのこと「ウミガメ」「初泳ぎ」「初詣」「クジラ」|2019年→2020年 年末年始の旅 旅行記14

2019年→2020年 年末年始の旅

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「2019年→2020年 年末年始の旅」その14をお届けします。

日付は2020年1月1日。 東京から南へ1000km、24時間の船旅を終え、小笠原諸島・父島に到着しました。

★前回の記事★

初泳ぎ証明書をゲットする

島に上陸してすぐ、ウミガメの放流イベントに参加しました。

イベントはビーチで行われていたので、そのままの流れで私も海へ(足だけですが)!

ただ、足だけでもわざわざ海に入ったのには、ちゃんと理由があります

それはこの【初泳ぎ証明証】を貰うため。

小笠原諸島の海開きはなんと1月1日。「海じまい」もないのですが、年中海に入ることが出来ます

1月1日には、海の安全を祈願したりする行事なども行われ、さっそくイルカやクジラを見るツアーも出ていました。

メインストリートも賑わっていました。

私は元旦の父島で、やりたいことが4つありました

ウミガメの放流」と「初泳ぎ」はそのうちの2つ。あと2つやりたいことがあります。

大神山神社で初詣

元旦の父島でやりたいこと、3つめは「初詣」です。

やって来たのは、父島の市街地にある大神山神社。

島民も、年末年始に父島にいる観光客も、ほとんどの人が大神山神社で初詣を済ませます。

到着しました。ここまでの階段が地味に長い…

お賽銭をして手を合わせます。

また小笠原に帰って来れますように」という願いを込めて…(笑)

2020年を占うため、おみくじを引いてみました。

その結果は…

末吉

私にとって最も大事な【旅行】は「近い所特に吉」と書かれています。今さらそういわれても、2020年の初日に、沖縄から小笠原まで来てしまっています。

あとは【商売】で「利益相当あり」というのも気になりますね。

ウェザーステーションでホエールウォッチング

初詣を終え、次は歩いてウェザーステーションへと向かいます。

小笠原郵便局のポストには、鏡餅とハイビスカスの花飾りを付けたクジラの人形が置かれていました。

今から、本物のクジラを見に行きます。

ウェザーステーションは、私が(日本中で)好きな場所のひとつ

この道は何度も歩いているので、改めて父島に来ていることを実感します。

歩いているととても暑いです。写真に映っている人も、見るとみんな半袖ですね。

沖縄よりも暖かい風が吹いています。冬の沖縄は想像以上に寒いです。

道の途中から見える二見湾と父島の集落。いつ見ても癒される景色です。

30分ほど歩いて、ウェザーステーションに到着しました。

元旦の父島でやりたかったこと、4つ目はホエールウォッチングです。この時期は運がいいと、ここからザトウクジラ見ることが出来ます。

が、この日は若干ガスっていたこともあり、クジラを発見することは出来ませんでした。

戻る途中、ははじま丸が母島に向けて出港していきました。

通称「ホエールライナー」と言われるははじま丸。クジラを見るツアーに参加しなくても、ははじま丸に乗船すると、クジラを見れることが多いそうです。

これで楽しみにしていた【元旦の父島でやりたかった4つのこと】をコンプリートしました。

そして、ここまでかなり急ぎ足で色々とやっていますが、それには“ある理由”がありました。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★動画はこちら★

【2019→2020 年末年始の旅】小笠原諸島、お正月の過ごし方 vlog #11

★続きはこちら★

.

■地に足を付けた都道府県

1. 沖縄県 2. 千葉県 3. 茨城県
4. 栃木県 5. 福島県 6. 宮城県
7. 山形県 8. 埼玉県 9.東京都

.

【 SNS本日の結果】
Twitter 997人(前日比+0) 
Instagram 1585人(前日比+0)
Youtube 14268回 (前日比+80)

~移住2年目 81日目終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました