2017年 九州・沖縄の島を巡る旅 その3

旅の思い出

ブログをご覧いただき
ありごとうございます。

本日は2017年の旅の記録
「九州・沖縄の島を巡る旅」
その3をお届けします。

★その2はこちら★

小値賀島から船で約30分。
(ほぼ)無人島・野崎島
に上陸しました。


ゴーストタウン
となった集落を抜けて
旧・野首教会へと向かいます。

(集落の様子はまた別の回で。)

ちなみに野崎島に上陸する際は
安全管理上、渡航の7日前までに
おぢかアイランドツーリズム
に連絡する必要があります。

★HPはこちら★
http://ojikajima.jp/nozakijima/before

道の途中で見える野崎島の海。
曇っていても綺麗です。
水平線の先に見えているのは
中通島(新上五島町)だと思われます。

教会らしきものが見えてきました。


ここまでの道は写真のように
整備されているので歩くことに
不便はなく、また、
迷う心配もありません。

あとは電線も通っています。


電線は教会の下にある
自然学村塾」に通じています。

ここは1985年に閉校となった
小・中学校の木造校舎を
再利用して出来た簡易宿泊施設

教室が宿泊施設になっており、
トイレ・浴室・炊事場等も
完備されています。


波も入らない非日常…


と書きたかったのですが、調べると
2019年に光回線が通ったようで
wifiは繋がるそうです。
キャリア回線はドコモが
一部のエリアのみOKで他は圏外です。

左側にあるレンガ造りの建物が教会。
右側が自然学村塾。


前回から、私は野崎島を
「ほぼ無人島」
と記していますが、野崎島には
自然学村塾を管理している方が
常駐しているためです。

管理人さんに声をかけると
旧校舎内を見学させてもらえます。

そしてこちらが
旧・野首教会です。

教会内の撮影は基本的にNGなので、
【事前に許可が必要なようです】
外観の写真だけ。

この教会がある野首集落には、
かつて17世帯の潜伏キリシタンが
移り住んだと言われています。

集落の信者たちが貧しい生活をしながら
お金を出し合い、数年かけて
建てられたというレンガ造りの教会。


総工費は現在のお金で
2億円ほど。
17世帯の住民たちは1日2食で
生活を切り詰め、
キビナゴ漁
などで資金を蓄えたそうです。

教会内の撮影はNGですが、
扉の鍵は開いており、
中は自由に見学することが出来ます。

薄暗く静寂に包まれた
先にあるマリア像。
窓は全てステンドグラスで、
オシャレ(神秘的)な空間です。

それほど広くはないので
ぐるっと全体を見物してから
イスに腰を掛けて目を閉じます。

私自身は信仰などがないので
特別に何か
感じるようなことはありませんが
何だか
映画の主人公になったような気分。


教会には10分ほど滞在し、
また島を巡ることにしました。


今回はここまで。
本日もありがとうございました。

【SNS本日の結果】
Twitter 1000人(前日比+0) 
Instagram 1614人(前日比+9)
Youtube 14908回 (前日比+94)

~移住2年目 87目終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました