【旅行記】2019年→2020年 年末年始の旅 その20~日帰りで父島へ~

2019年→2020年 年末年始の旅

ブログをご覧いただき
ありがとうございます。

本日は、
「2019年→2020年 年末年始の旅」
その20をお届けします。

★その19はこちら★

.
元旦の父島でやりたかったことを
一通り終えて時刻は15時前。
実は私、今回は「日帰り」です(笑)

おがさわら丸が遅れたため、
滞在時間は30分短くなり4時間。


普段であればおがさわら丸は
父島到着後、そのまま島に停泊するため
こうしたことは出来ません。


ただ、例年GWや夏休みなどは
「着発便」といって、
おがさわら丸が父島に停泊せずに
到着したその日に
東京に向けて出港するという
ダイヤが組まれます。

今年は元旦に着発便が組まれていたのです。
元々『着発便で小笠原に行く』というのは
やってみたかったことなので(笑)、
このダイヤを発見したときは
「今しかない」と思ったのです。

もう皆さん乗ってますねぇ。
私は一番最後に乗船しました。

この船の予約を取るのも大変だったんです。
小笠原に行くには日数が必要なため
手軽に行くことが難しいです。
そのため、長期休暇が取りやすい時期に
予約が殺到
します


15時半。
おがさわら丸は東京に向けて出港しました。
また24時間の船旅が始まります。


繁忙期の予約開始日は電話のみの受付。
私は電話をかけ続けるため、
仕事を休みにしていました。
でも、その日は
「どうしても出社してほしい」
ということで、休みにしていた訳も話し、
職場で仕事をしながら
電話をかけ続けていたのです(笑)

電話が繋がるまで
2時間近くかかりました。

いつもは感動する見送りですが、
今回は
いやぁ、マジで帰るのか~
思わず自分でも笑ってしまいます。

でも、楽しみにしていた
・おが丸から見る2019年最後の夕陽
・おが丸の船内で年越し
・おが丸から初日の出
・日本一早い海開きで初泳ぎ
・初詣を父島で済ませる

といったことが
コンプリート出来たのでよかったです。

見送り船もいなくなりました。

沖縄に移住してからも
小笠原に行けてしまうとは…

あとは、これで
2016年から2020年の5年連続で
おがさわら丸に乗ったことになります。

2019年は島には上陸出来ませんでした。


でも大晦日におがさわら丸には乗れました。
そして2020年も
こうして乗っているので
おがさわら丸は5年連続になるのです。

果たして次はいつになるのでしょう…

2020年の年末年始は
おがさわら丸の船内で年越しを
するようなダイヤではありません。

行けるとしたら
12月29日から1月3日までか、
再び着発便ですね(笑)

帰りの船も揺れるのでしょう。
この時期は大体
東京到着も遅れます。

これが私の2020年の旅初め。

ということで、今回はここまで。

NEXT


本日もありがとうございました。

■この記事で使ったお金
0円
合計(通算):79,315円

■地に足を付けた都道府県
1. 沖縄県 2. 千葉県 3. 茨城県
4. 栃木県 5. 福島県 6. 宮城県
7. 山形県 8. 埼玉県 9.東京都

【SNS本日の結果】
Twitter 1004人(前日比+0) 
Instagram 1630人(前日比+2)
Youtube 15219回 (前日比+73)

~移住2年目 90日目終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました