世界遺産に登録された野崎島。隠れキリシタンの廃墟群を歩く|2017年旅行記その4

旅の思い出

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「九州・沖縄の島を巡る旅(2017年)」旅行記その4をお届けします。

★その3はこちら★

崩れた家屋。散らかる瓦礫

五島列島の北に位置する野崎島

現在の住民は「自然学村塾」という、島で唯一の宿泊施設を管理している方そのひとりだけ。

2001年に無人化し、残された集落は廃墟となりました。

家々は崩れ落ち、がれきが散乱しています。

しかし、ここはただの廃墟群ではなく、かつて潜伏キリシタンが、ひっそりと信仰を守り生活を送っていた地として、2018年、世界文化遺産に登録されました。

電線は整備されています。

一方で、集落の中であるにも関わらず、イノシシ捕獲ケースが設置されているというワイルドさもあります。

シカさんがお散歩していました。

島を歩いていると、ヒトよりもシカさんとよく出会います。

残された蛇口。それ以外は全て崩れ落ちてしまっています。

残された廃墟を巡る

こちらは「流し」でしょうか。がれきの中でポツンと佇んでいます。

かろうじて原型をとどめている家からは、かつて確かにここで人が生活していた様子が分かります。

道は綺麗にされているので歩いていると、住民の方が出てきそうな気配もあります。

カトリックの島にある神社

港のそばには鳥居があります。「カトリックの島に神社?」階段を昇っていくと…

あぁ…。

綺麗に残されている旧野首教会に対して、ここにあるのは崩れ落ちた神社。

ちなみに、野崎島の最後の住民は、島の山奥にある沖ノ神嶋神社の宮司(この写真とは別の神社)。

沖ノ上嶋神社は、704年、遣唐使の航海安全を祈って作られたと言われており、現在もその形が残されているようです。

勝手な推測ですが、島の皆さんがカトリックを信仰する中で「隠れ神社派」の方もいたはずです。実は神社にも教会にも、皆さん通っていたかもしれません。

この小さな島に教会も神社もあるのは、日本人の宗教観を象徴しているようにも思えます。

ちなみにこの写真は、道端に積み上げられていた石です。これはどういった意味があるのか分かりません…

人口減少と高齢化、離島の未来

集落を散策していると、時刻はあっという間に15時過ぎ。帰りの船に乗る時間です。

これからもっと荒廃が進み、島の雰囲気も変わってくるはずです。

人口減少高齢化が著しい日本の離島。今後はこうした島も増えていくのでしょう。

この日は小値賀島のゲストハウスに泊まりました。

★☆私が泊まった宿☆★
島宿御縁 https://www.shimayadogoen.com/

11月末の平日。泊まっているのは私一人だけ。夕飯はひとり静かにカップ麺。

早朝にフェリーで到着してからの長い1日が終わりました。

旅はまだ2日目。 翌日は自転車を借りて島を巡ることにしました。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

.

【SNS本日の結果】
Twitter 1001人(前日比-2) 
Instagram 1651人(前日比+2)
Youtube 15694回 (前日比+97)

~移住2年目 96日目終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました