2020-04

対馬旅行記

さらば対馬。博多フェリーターミナルから福岡空港まで歩く|2020年 長崎・対馬旅行記 最終回

対馬を出港しました。島旅の魅力は自然や絶景だったりするので、天気が悪いと退屈するものですが、今回はそれでも十分楽しむことが出来ました。博多港に到着したのは13時40分。定刻より15分ほど遅れましたが、全く問題ありません。飛行機の時間は20時。むしろ暇なくらいです。そんなわけで港から空港まで歩きます。
2019年→2020年 年末年始の旅

琵琶湖を爆走する船に乗船する 近江八幡駅から港へ|2019年→2020年 年末年始の旅 旅行記21

琵琶湖に浮かぶ島「沖島」に上陸します。堀切港までの路線バスは、近江八幡駅から出ています。しかし、近江八幡駅から堀切港へ向かうバスの始発は8時40分なので、朝7時・8時の船には間に合いません。タクシーを利用するお金もないので、今回は歩きます!約2時間、堀切港に到着しました。
旅の思い出

硫黄島を歩いて旅する。代表的なスポット「恋人岬展望台」から茶色の海を見下ろす|2017年旅行記その10

レンタサイクルを借りることも出来ますが、硫黄島は自由に行動出来る範囲がそれほど大きくないので、歩いて島を巡ります。寒いですが、アップダウンも激しく、歩いていると身体も温まってきます。港から約40分ほど歩き、やって来たのは『恋人岬展望台』です。 硫黄島を代表をする景色で、多くの旅行記やネット記事で紹介されています。
対馬旅行記

寝れない夜を過ごし、朝を迎える。厳原港の周辺を散策|2020年 長崎・対馬旅行記 その12

この日は宿代を節約するため車中泊です。あまりの寒さに目が覚めたのが0時半。まだ2時間半しか経っていません。何度も寝たり起きたりを繰り返しているうちに、朝の4時になりました。博多までの乗船券を購入しました。フェリーが出るのは8時50分。まだ少し時間があるので港のそばを散策します。
2019年→2020年 年末年始の旅

黄金に光る鳥居 新年の京都・御金神社に参拝|2019年→2020年 年末年始の旅 旅行記20

京都駅から地下鉄鳥丸線と徒歩でやって来たのは「御金神社」。住宅街にある小さな神社です。もう23時前ですが、多くの参拝者が訪れています。ライトアップされた金色の鳥居は、いかにも「金運」にご利益がありそうです。1つ300円の「御金みくじ」を買いました。 他の神社で引くおみくじとは、喜び度合いが比べ物になりません。
旅の思い出

深夜バス「さくらじま号」で鹿児島へ!フェリーみしまで薩摩硫黄島に上陸|2017年旅行記その9

深夜バス「さくらじま号」。その名の通り、行き先は鹿児島。旅の5日目は桜島の朝焼けからスタート。フェリーみしまに乗船し「硫黄島(いおうじま)」を目指します。 船は9時半に鹿児島を出港。途中竹島を経由して、硫黄島に着くのは13時半頃。島の海底からは鉄分を多く含んだ温泉が湧出しており、海と混ざって港は茶色くなります。
対馬旅行記

比田勝港周辺を散策!ハングル表記で韓国を感じる?|2020年 長崎・対馬旅行記 その11

韓国展望所から比田勝へやってきました。比田勝は厳原に次ぐ対馬第2の都市。東横インもあります。日本語の表記よりもハングルの表記が多いです。ネット等の情報から、もっと異国の雰囲気をイメージしていたのですが、そうでもないです。港に車を停めて夕食を食べに出かけます。ファミリーマートのイートインで夕食を済ませます。
島活in与論島

沖縄行きの船に乗船するまでの過ごし方 朝活からスタート!|2020年3月与論島旅行記 後編

与論島2日目は6時から朝活。まずは、海謝美さんが行っている、ビーチクリーンに参加します。ゴミ拾いの後は、MEEDAFU´S YUI HOSTEL and COFFEEで朝食。その後は島を1周することに。サトウキビ畑で宴会が行われていました。刈りたてのサトウキビを頂き、そろそろ沖縄へ帰る船の時間です。
旅の思い出

おすすめは「レンガ造り教会堂の完成形」青砂ヶ浦教会。上五島教会巡りの旅|2017年旅行記その8

原付を借りて、新上五島町にある29の教会を1日で全部巡るというチャレンジをしています。中通島の北部に位置する教会はコンプリートしましたが、半分の数の教会も回ることが出来ませんでした。教会は観光地ではありません。色んな教会を巡り、それぞれ特色は異なりますが、「こういうまちの文化もあるのだな」というのが感想です。
対馬旅行記

対馬から韓国・釜山の夜景が見えるらしい。韓国のラジオも聞ける|2020年 長崎・対馬旅行記 その10

棹崎展望台は、野生生物保護センターの裏にあります。天気がいいと、そこから韓国が見えるらしいです。こちらの方角も船がいるのは確認できますが、韓国は見えません。島の最北部にある「韓国展望所」という場所に移動します。車のラジオで韓国のラジオが入りました。韓国展望所に到着しました。ここから韓国・釜山市が見えるらしいです。
2019年→2020年 年末年始の旅

夜の京都観光!ライトアップされた伏見稲荷大社へ|2019年→2020年 年末年始の旅 旅行記19

京都と言えば寺社・仏閣。どこのまちにも小さな神社がありますが、こうした場所には営業時間がありません。全国に約3万ある「稲荷神社」の総本山・伏見稲荷大社もそのひとつ。最寄りの大社駅までは、奈良線で京都駅から10分もかかりません。千本鳥居もライトアップされていますが、薄暗い中に鳥居がずらっと並んでいるのは少し不気味です。
対馬旅行記

対馬野生生物保護センターで、絶滅危惧種・ツシマヤマネコと出会う|2020年 長崎・対馬旅行記 その9

対馬と言えば、絶滅が心配されている「ツシマヤマネコ」が生息しています。島の北部にある、対馬野生生物保護センターに到着しました。施設内ではスタッフの方がガイドをしてくれます。こちらが飼育・展示されている、ツシマヤマネコの「かなた」さん。このときはお昼寝中でした。
2019年→2020年 年末年始の旅

「近江の厳島」琵琶湖に浮かぶ白髭神社へ。駅から歩く|2019年→2020年 年末年始の旅 旅行記18

近江高島駅から白髭神社までは約3km。徒歩で大体40分程度でしょうか。こちらが白髭神社を代表する、湖上に浮かぶ鳥居です。まるで広島の「厳島神社」のような光景から、「近江の厳島」とも言われています。白髭神社は創建から約2000年の歴史を持つと言われる、近江最古の神社。全国にある「白髭神社」の総本山でもあります。
旅の思い出

新上五島町・中通島にある教会を原付で全部巡る!頭ヶ島天主堂も|2017年旅行記その7

新上五島町は29の教会がある「祈りの島」。私はただ島を巡るのではなく、16時35分に島を出るフェリーに乗船するまで、「いくつ教会を周れるか」というチャレンジをすることにしました。港がある有川の集落から約50分。最初の教会に到着しました。世界遺産に登録された教会のひとつ「頭ヶ島天主堂」です。
2019年→2020年 年末年始の旅

滋賀県の絶景・メタセコイヤ並木へ!駅チカでおすすめ|2019年→2020年 年末年始の旅 旅行記17

電車を降りたのは『マキノ』という駅です。 バスに揺られること約5分。「マキノ支所前」で降車しました。バス停から歩いて向かうのは「メタセコイア並木」です。マキノ高原、マキノスキー場へと続く全長2.4kmの街道沿いに、約500本のメタセコイアが並んでいます。ということで、メタセコイヤ並木からマキノ駅まで走ることにしました。
タイトルとURLをコピーしました