【与論島旅行記】超ディープなヨロン体験!島活3月編 その1

島活in与論島

ブログをご覧いただき
ありがとうございます。

本日は
【島活 in 与論島】
3月編その1をお届けします。

★2月編はこちら★

ヨロンマラソン2020

今回の日程は
2020年3月7日と8日の土日。

年に一度、島で一番大きなイベント
「ヨロンマラソン」
が行われる予定でした。

そのため本来であれば、
マラソン走るのではなく、
ヨロンマラソンの手伝いをする
おじぃの集落のお手伝いをする

という島活の予定でした。

ちなみに【島活in与論島】の目的は

「おじぃのお手伝いを通じて、
島のファンを増やすこと」
です。

物見遊山の観光や
ボランティアとはちょっと違う体験です。

マラソンは中止になってしまい
迷いましたが、
とりあえず島には行くことに。

今回も雨です。
私が与論島に行く時の降水確率は
非常に高いです。

島ではキャンプをする予定だったので
テントと寝袋持参です。

マリックスラインで本部から与論へ

テントは股に挟んで、寝袋を背負い、
原付で3時間。

本部港に到着しました。

が、ここで

直前に立ち寄ったコンビニで
財布を落としたことに気付きました。
コンビニに電話をしたところ、
駐車場に落ちていたそうで一安心。

何だか旅先では
こういう経験がありすぎて
焦るというようなことはありません。

※写真のおじさんはノーヘルですが
このバイクが動いている
証拠はありません※

船の入港を待っていると
「モオォッッー」
という野太い叫び声が。

声の聞こえる方へ行ってみると
コンテナに牛さんがいました。

今回の島活は私1人ではなく
2人の大学生も一緒です。

コンビニに私の財布を
取りに行ってくれたのも彼女たち。
さっそく助けられました(笑)

今回の船はマリックスライン。
マラソンは中止ですが
事前にネットの予約状況を見ても満員

船内もとても賑やかです。

いつも通り、与論島までの2時間半で
パソコンを使った作業をしたものの
Wi-fiが繋がらない…

マルエーフェリーはサクサクなんですがね。

船から見える伊江島。

他の人の会話を聞いていると
「勝手にヨロンマラソン」
といって、例年のスケジュール・コースに
合わせて個人で走る方が多いようです。

とりあえず雨が止んでほしい…。

与論島到着

船はほとんど揺れず、
船は与論島に入港します。
デッキに出るとやっぱり雨が降っています。

マルエーフェリーと入港の仕方も違います。
マルエーは港内で船が旋回するのですが、
マリックスは港内手前で旋回し
バックで入港します。

港には
歓迎 ヨロンマラソンランナーズ
という旗を持った方もいますね。

私は今年2回目の与論島。
おじぃと一緒に中田さんも
お出迎えに来てくれていました。

島活3月編スタートです。

ということで今回はここまで。

NEXT


本日もありがとうございました。

【SNS本日の結果】
Twitter 1010人(前日比+0) 
Instagram 1672人(前日比+6)
Youtube 15913回 (前日比+55)

~移住2年目 102日目終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました