ヨロンマラソンが中止に。それでも船は満員。雨の島に上陸|2020年3月与論島旅行記 その1

島活in与論島

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は【与論島旅行記】3月編その1をお届けします

★2月編はこちら★

ヨロンマラソン2020が中止に

今回の日程は2020年3月7日と8日の土日。

この土日は、年に1度行われる与論島で一番大きなイベント「ヨロンマラソン」が行われる予定でした。

私は走るのではなく、「マラソンの手伝い」をすることになっていましたが、マラソンは中止になってしまい…

迷いましたが、とりあえず与論島には行くことに。

今回も雨です。

私が与論島に行く時の降水確率は非常に高いです。

島ではキャンプをするつもりなので、テントと寝袋持参です。

テントは股に挟んで、寝袋を背負い、原付で3時間。

本部港に到着しました。

しかしここで、直前に立ち寄ったコンビニで、財布を落としたことに気付きました。

コンビニに電話をしたところ、駐車場に落ちていたそうで一安心。旅先ではこういう経験がありすぎて、焦るというようなことはありません。

船の入港を待っていると「モオォッッー」という野太い叫び声が。

声の聞こえる方へ行ってみると、コンテナに牛さんがいました。

今回は私1人ではなく大学生も一緒です。

船はマリックスライン

マラソンは中止ですが、事前にネットの予約状況を見ると、船は満員で、船内はとても賑やかでした

いつも通り、与論島までの2時間半はパソコン作業をしようとしましたが、Wi-fiが繋がらず…

船から見える伊江島。

他の人の会話を聞いていると「勝手にヨロンマラソン」 といって、例年のスケジュール・コースに合わせて、個人で走る方が多いようです。

とりあえず雨が止んでほしい…。

雨の与論島到着

船はほとんど揺れず、与論島に入港しました。しかしデッキに出ると、やっぱり雨が降っています。

マルエーフェリーと入港の仕方も違います

マルエーは港内で船が旋回するのですが、マリックスは港内手前で旋回し、バックで入港します。

港には「歓迎 ヨロンマラソンランナーズ」という旗を持った方もいました。

私は今年2回目の与論島。

Tさんと中田さんも、港にお迎えに来てくれていました。

もずくそばから中田さんの家へ

まずはレストラン「蒼い珊瑚礁」へ向かい「もずくそば」の昼食。

海藻の王様」と言われるほど栄養分が豊富なもずく。

もずくそばは、その栄養分を生かし、水や有害な添加物を使用せず、手作りで加工されています。

与論島に来る度食べていますが、美味しい。これで350円というのが驚きです。

昼食着は中田さんの運転でTさんの家へ。

移住から1ヶ月が経った中田さん。道端ですれ違う人とも挨拶を交わしたりして、すっかり島民です。

そんな中田さんの家がこちら。

Tさんの家の敷地内にあった牛舎をリノベーション。

自分でドアや壁を付けたりして、なんと部屋を作ってしまいました!その様子はYoutubeにもアップされています。

[与論島移住計画 #1]牛舎をリフォーム !?夢の離島移住はできるのか‥?[島活家作り編]

時刻はあっという間に15時過ぎ。雨は降り続いており、止む気配はありません。

Tさんはどこかへ行ってしまいました。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★動画はこちら★

島活 in 与論島 2020年 3月編 前編 ~与論島旅行記~

★続きはこちら★

.

【SNS本日の結果】
Twitter 1010人(前日比+0) 
Instagram 1672人(前日比+6)
Youtube 15913回 (前日比+55)

~移住2年目 102日目終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました