硫黄島は「恋人岬」からの絶景がおすすめ!移住で牛が貰える!?~九州・沖縄の島を巡る旅 その13~

旅の思い出

ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は
九州・沖縄の島を巡る旅
その13をお届けします。

★その12はこちら★

硫黄島を代表する景色

鹿児島県の秘境「硫黄島」に上陸しました。

港から約40分ほど歩いて坂道を登り
やって来たのは『恋人岬展望台』です。

これが硫黄島を代表をする景色です。
多くの旅行記やネット記事で紹介されています。


褐色の港を一望できる他、
煙を上げる硫黄岳を見ることが出来ます。
「地球のパワー」を感じるワイルドな景色。


天気がいい日には
屋久島・種子島・口永良部島といった
離島の島影も見えるそうです。

しあわせの鐘』というものも設置されていましたが
写真は残っておらす…
まぁ、よくある
「恋人同士で鳴らすと幸せになれる」的なやつです。

硫黄島に移住すると子牛が貰える!?

硫黄島で人が住んでいるエリアは
上の写真に写っている港周辺だけ。
島の人口は114人(令和2年4月)です。

硫黄島は鹿児島県の三島村に属しており、
他に黒島と竹島があります。
その3つの島を合わせた
三島村全体の人口は348人(令和2年4月)。

令和2年4月現在、
全国にある1735市区町村の中で
7番目に人口が少ない村です。

ちなみに最も人口が少ないのは
青ヶ島村、次いで御蔵島村、利島村と
東京都の島々が続くのもまた興味深いです。

三島村では移住定住を促進しており、
移住するとなんと
子牛1頭が貰えるのです!

三島村では「みしま牛」のブランド確立を目指し
畜産を推進しているようです。

でも逆に「牛を貰っても困る」という方もいるはず。
正確に言うと子牛1頭
または30万円(1人世帯)が貰えます。

詳細は役場のホームページをご覧ください。
http://mishimamura.com/summary/319/

薩摩硫黄島飛行場

硫黄島には飛行場があります。

毎週月曜日と水曜日の週2便、
硫黄島と鹿児島空港を50分で結ぶ
定員3人のセスナ機が飛んでいます。

島民の方は片道5,000円で利用できるのですが
一般の場合は片道20,370円かかります。

飛行場は開放されていますが、
立ち入りは禁止です。

島を歩いて見える景色

道端にポツンと立つ公衆トイレ。
便利ではありますが、何だか不気味です(笑)

そして注目すべきはトイレの背後!
丘の上に牛さんたちがいますね~。

港があって、その周辺に集落があって、
あとは緑が広がっています。

ここからどうやって集落まで行くんだ…
という感じです。
このうっそうとした森の中に道があるのです。

この写真なんか緑しか映ってないですよね(笑)
ズームなどをして景色の一部を
切り取っているわけではありません。

写真の中央やや左に
小さく小屋があるのが分かりますか?

これは「冒険ランドいおうじま」という施設。
『青少年の家』みたいなもので、
ここでキャンプが出来たりもします。

お次は硫黄岳を目の前に臨む展望台へと向かいます。

今回はここまで。
本日もありがとうございました。

.

【SNS本日の結果】
Twitter 1078人(前日比-0) 
Instagram 1852人(前日比+4)
Youtube 18503回 (前日比+120)

~移住2年目 127日目終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました