ホエールウォッチングツアーでナガンヌ島に上陸!那覇から20分の無人島へ|2020年旅行記その2

南国日記~沖縄移住の記録~

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は【ホエールウォッチング 2020年編】その2をお届けします!

★前回の記事★

ベタ凪の美しい海

ツアー当日の天気は晴れ

コロナの影響も出てきた平日でしたが、ツアーには私を含め、10名前後の方が参加されていました。

ツアーの船がまず向かうのはナガンヌ島。

幸い海は波がほとんど立っておらず、ベタ凪の状態でした。これならクジラも発見しやすいです。

果たして今年もクジラに出会うことは出来るでしょうか

この日は午前中が仕事でした。同じ日の午後に洋上にいるのが非日常的過ぎて…我ながら「沖縄移住を満喫しているな」と思います。

出港から約20分、ナガンヌ島が近づくにつれて、少しずつ海の色が変わってきました。

透明度が非常に高く海底まで見ることが出来ます。

那覇からナガンヌ島までの距離は約15km。遠くにはまだ、那覇の市街地が見えています。

那覇周辺のビーチはここまで綺麗ではありません。

しかし、少し沖に出るだけで、これだけ美しい海をみることが出来るのです。

ナガンヌ島に上陸

ナガンヌ島へ上陸します。

ナガンヌ島に渡る桟橋もまた素敵すぎます。

最近はよく、ドローンで海を真上から映した映像がありますが、それを肉眼で見ているような感じです。

川は橋を渡るときに真上から見下ろすことが出来ますが、海を真上から見る機会はあまりありません。飛行機に乗った時ぐらいでしょうか。

ナガンヌ島での滞在時間は約30分

ナガンヌ」とは、沖縄の方言で「長い物」という意味があるそうです。長い物と言っても、東西約1.7km、南北約200mの小さな島。

ただ、時間はあっという間に過ぎてしまうので、桟橋からあまり離れることは出来ません。

ナガンヌ島は無人島ですが、サーフボード風の看板にも書かれている通り、島には温水シャワーや水洗トイレ、更衣室、レストランなどもあり、かなり綺麗に整備されています

ソフトバンクの電波塔も建てられています。

日差しがよけられるレストコテージもずらりと。

今回はホエールウォッチングがメインなので、滞在時間が非常に短いですが、夏場は「知る人ぞ知るスポット」として、シュノーケルを楽しむ人などが多く訪れます。

コテージもあるので宿泊も可能です。これは一度体験してみたいですねえ。きっと満点の星空が見えるはずです。

チービシの由来

島の最高地点からの景色。標高は約7m

ナガンヌ島はサンゴや貝殻のかけらが砂となり堆積して出来た島。こう見ると、緑に覆われていることが分かります。

波や鳥たちの糞から、植物の種子が島にやってくるのです。

こうした場所に来ると、自然の営みに触れることが出来ます。

★参考:ナガンヌ島について★

2014年3月5日 の「サンゴの日」 、慶良間諸島国立公園が設置され、ナガンヌ島もその一部となりました。

ナガンヌ島にも国立公園であることの碑が置かれており、その看板には「チービシ(ナガンヌ島)」と書かれています。

奄美・沖縄では島の周辺に広がるサンゴ礁のことを「干瀬(びし・びじ)」といいます。チービシとは『慶伊瀬島の干瀬』という意味があり、漢字で書くと『慶伊干瀬』。

「けいびし」という読み方が徐々に訛って「ちーびし」になったそうです。

ナガンヌ島のそばには他に「クエフ島」「神山島」という島があり、それらの島々を合わせて「慶伊瀬島」といいます。慶伊瀬島は那覇空港に離着陸する飛行機の窓からも見ることが出来ます。

★参考:飛行機から見る慶良間諸島★

ナガンヌ島を出発し、いよいよ本格的にクジラを探します。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

.

【SNS本日の結果】
Twitter 1099人(前日比-4) 
Instagram 1936人(前日比-2)
Youtube 20180回 (前日比+118)

~移住2年目 134日目終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました