沖縄旅行 冬のおすすめ!ホエールウォッチングツアーに参加 2020年 2

南国日記~沖縄移住の記録~
スポンサーリンク

ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は
ホエールウォッチング 2020年編
その2をお届けします!

★前回の記事★

ホエールウォッチングに対する注目度の違い

前回の記事をまとめると、
私のホエールウォッチング遍歴は

・2016年 初クジラ! トカラ列島
・2017年 小笠原諸島
・2018年 沖縄と小笠原諸島

という感じ。

ホエールウォッチングは私にとって冬の風物詩。
2019年は沖縄に移住していました。

沖縄でクジラがやってくるのは慶良間諸島周辺。

そのためホエールウォッチングのツアー船は
ほとんどその海域へと向かうのですが、
「他の場所でも見えるかもしれない」と思い…

1月は仕事前にこの場所から
海を眺めるのがルーティンでした(笑)

しかし、ここからは
一度もクジラを見ることが出来ませんでした…

伊豆諸島や小笠原諸島では、12月くらいから
クジラの目撃情報が各島のホームページや、
島民の方たちのSNSからも流れてきます。

特に父島では、クジラが目撃されると
観光協会の前に、こいのぼりならぬ
「クジラのぼり」が上げられるほど。

クジラを探している方多いんですよね。

一方で、沖縄では
クジラに対して関心のある方は少なく、
情報もあまり流れてきません。


観光客の方も「ホエールウォッチング」という
アクティビティを知らない人が多い気がします。

沖縄に移住してからも

昨年は3月にツアーに参加しました。。
これで4年連続のホエールウォッチングです。

那覇発の半日ツアーで、ホエールウォッチングと
ナガンヌ島に上陸するというオプション付きです。

沖縄のツアーの特徴は
「クジラが見れなかったら全額返金!」
のようなサービスがあるところ。

【慶良間諸島】 ホエールウォッチングをしてきた ~2019年3月4日~

この時は多くのクジラを見ることが出来ました。

が、海が時化ていたため、
クジラを見つけるまでの間に
ツアーに参加していた多くの方がダウン。

沖縄も小笠原も、冬の海は時化ることが多く、
しかも船上はかなり寒いです。

そんな中で船に座り、海面を眺めながら
クジラを探すのは結構ハードです(笑)

酔い止めと十分な寒さ対策を忘れてはいけません。

今年もクジラを見に行ってきました

そして、2020年の今年も3月に
昨年と同じツアーに参加してきました。

天気予報と波を見ながら、晴れ予報が出ている
前々日に電話でツアーを申し込み。

こうした気軽さは沖縄に住んでいる特権です。

料金は半日のツアーで4,500円。
2月から3月にかけては毎日行われているようです。

利用したツアー
https://www.nagannu.com/?men=5

当日は天気予報通り晴れ

平日で、コロナの影響も出てきた頃でしたが
ツアーには私たちを含めて
10人から15人の方が参加されていました。

海も波がほとんど立っていないベタ凪状態。

船がまず向かうのはナガンヌ島。

果たして私は今年も
クジラに出会うことが出来たのでしょうか。

その様子はまた次回。

NEXT

本日もありがとうございました。

.

【SNS本日の結果】
Twitter 1099人(前日比-4) 
Instagram 1936人(前日比-2)
Youtube 20180回 (前日比+118)

~移住2年目 134日目終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました