鹿児島から沖縄へ!フェリーだいとうがまさかの出港延期~九州・沖縄の島を巡る旅 その17~

旅の思い出
スポンサーリンク

ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は
九州・沖縄の島を巡る旅
その17をお届けします。

★その16はこちら★

鹿児島空港まで格安で行く方法

硫黄島から鹿児島に戻ってきました。

この日は早めに宿へチェックイン。

そして翌日。旅の7日目。

朝6時前の鹿児島中央駅です。
この日は鹿児島空港から沖縄へと飛び立ちます。

鹿児島の市街地から空港までは
バスを利用するのが一般的です。

所要時間は約40分。
本数も多く、料金も1300円と便利なバスです。

私が乗る沖縄行きの飛行機は10時発。

8時頃のバスに乗れば間に合いますが、
私は鹿児島中央駅から電車に乗車しました。

30分ほど揺られ加治木駅で下車。
さぁ、ここから空港まで歩きます(笑)
空港までの距離は約10km、2時間近くかかります。

鹿児島中央駅から加治木駅までの交通費は480円。

バスでの移動より800円以上の節約になります。

アップダウンも多めで、なかなかハードですが
飛行機に乗り遅れるわけにはいかないので
ただひたすら歩くのみです。

いざ沖縄へ

汗だくになりながら鹿児島空港に到着。

ソラシドエアの083便でいざ沖縄へ。

沖縄まではおよそ1時間半のフライト。
料金も11,000円と安くはありません。

鹿児島と沖縄だと、近いように感じますが、
実際は結構離れているのです。

この日は那覇空港に着いてから
17時に那覇を出るフェリーに乗船して
「南大東島」へ行く予定でした。

フェリーで南大東島へ行く時の注意点

乗船するには予め電話予約をする必要があります。

乗船券は当日の15時までに、泊港のそばにある
大東海運事務所で購入しなければなりません。

お昼前に沖縄に着いた私は、
まずフェリーの乗船券を購入するために移動。

大東海運事務所に着いて、
さぁ乗船券を買うぞというときになってなんと
「船の出港が翌日に延期になった」
ということを告げられました(笑)

「マジか」と思いましたが、それほど驚きはなく、
むしろ想定内です。
予備日も1日設定していました。

那覇と南北大東島を結ぶフェリーだいとうは
運航頻度が少ないうえに
出港延期や欠航が非常に多い船なのです。

その理由は大東島での船の接岸方法にあります。

【島旅】フェリーだいとう~旅人には有名な大東島名物~

今回私が大東島に行きたい理由が
この接岸方法を現地で体験することにあるので
詳しいことはまたの機会に…

そんなわけで、沖縄に到着した日は、
急遽ゲストハウスを予約して、
早々にチェックインしたのでした。

予定が空いたので久高島へ

そして、旅の8日目。

この日は朝から
バスに揺られて安座真港へとやってきました。

ここから久高島という島へ向かいます。

大東島へ向かうフェリーが出るのはこの日の夕方。

久高島は本島から30分もかからずに行けて、
しかも
高速船でも往復1480円(フェリーだと1300円)と
気軽に行くことが出来る島なのです。

もちろん、久高島に行くのは予定外。

さて、どんな景色が待っているのでしょうか。

というところで今回はここまで。
本日もありがとうございました。

.

【SNS本日の結果】
Twitter 1098人(前日比+0) 
Instagram 1962人(前日比+1)
Youtube 20610回 (前日比+183)

~移住2年目 137日目終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました