久高島へアクセス!人口減少と高齢化が進む島 ~九州・沖縄の島を巡る旅 その18~

旅の思い出
スポンサーリンク

ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は
九州・沖縄の島を巡る旅
その18をお届けします。

★その17はこちら★

ここまでの旅をおさらい

旅の8日目。

ここで一度、この旅をおさらいします。

・大分県に上陸して47都道府県制覇。
・長崎県・五島列島で教会巡り
・鹿児島県の硫黄島で茶色い海と孔雀を見る

そして旅の7日目に大東島へ行く予定が、
フェリーの出港が翌日に延期となりました。

※写真はこの旅の時のものではありません。

そこで、予定を変更して、この日は
沖縄本島南部に浮かぶ久高島に上陸することに。

久高島へのアクセス

久高島へはフェリーと高速船がありますが

・フェリー 往復 1300円 25分
・高速船 往復 1480円 15分

という感じで、
時間・料金ともほとんど差がありません。

フェリーと高速船が1日計6便運航しています。
沖縄本島に近く、気軽に行くことが出来ます。

ちなみに
船が出る安座真港までは那覇バスターミナルから
バスで1本、790円で行くことが出来ます。

那覇バスターミナルからの時刻表はこちら
(リンク先:Google Map)

久高島上陸

高速船だったので
あっという間に久高島に到着しました。

時刻は9時半。13時のフェリーで帰りますが、
久高島はそれほど大きな島ではありません。

島の最北端までも3kmほど。
自転車を借りることも出来ますが、歩きます。

2018年、久高島では
247人が住民登録をしていたのに対して
実際に住んでいたのは195人だった

ということが明らかになりました。

人口減少に歯止めがかからず、
島民の高齢化も深刻な状態のようです。

沖縄県の社会事情

沖縄県全体で見ると
出生率は45年連続全国1位。
高齢化率も全国で最も低いです。

しかし、本島周辺の離島や北部エリアには
人口減少・高齢化の波が押し寄せています。

余談になりますが、沖縄には子供が多い一方で、

・未婚率: 男性 全国1位 女性 全国4位
・離婚率:全国1位 
・子供の貧困率:全国1位

という社会課題もあります。

久高島の未来

久高島はこのまま人口減少が続くと
2060年に人口がゼロになると言われています。

郵便局は「The 沖縄の離島」という感じ。

ちなみに診療所もあります。
ネットも整備されています。

本島からも近く、のどかな雰囲気に惹かれた
独り身かつオンラインで仕事が出来る若者が
「島に移住したい」と思っても家がありません。

これが人口減少に歯止めにかからない
大きな要因のようです。

久高島には「久高島土地憲章」があり
個人が土地を持つことが出来無いようで、
集落(「区」といいます)が管理しています。

そうして管理された土地の権利者が
島外へ出てしまい、
空き家・空き地のままになっているそうです。

使える土地はあるのに交渉が出来ない状態ですね。

島は今しか行けない場所かもしれない

こうした問題は全国の田舎に共通することです。
「仏壇があるから」家を譲れないという…

島を旅していると、
こうした社会課題を知ることが多いです。

日本の有人島は想像以上に
「今しか行けない場所」」だと思っています。

無人になったら文化や生活の音も無くなります。

久高島にも独特の文化(風習)があります。

それはまた次回。
本日もありがとうございました。

.

【SNS本日の結果】
Twitter 1098人(前日比+6) 
Instagram 1991人(前日比+11)
Youtube 20958回 (前日比+279)

~移住2年目 141日目終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました