普通の水族館ではない? アプリが必要? 植物と木々の緑が広がる|DMMかりゆし水族館 旅行記その2

南国日記~沖縄移住の記録~

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「DMMかりゆし水族館に行ってきた」その2をお届けします。

★前回の記事★

スタイリッシュなチケット売り場

チケット売り場へ案内されました。

自動発券機またはカウンターでチケットをゲット出来るようです。

自動発券機には「SUGOCA」のマークが。SUGOCAはJR九州のIC乗車券です。

沖縄でもSUICAマークは見かけますが、SUGOCAマークは初めて見た気がします。もちろんSUICAなど、他のIC乗車券も利用出来る他、アメックス以外のクレジットカードも利用出来ます。

どうしてもアメックスで払いたい方は、カウンターで購入することになります。

17時以降入場のチケットをゲットしました。ただ、施設内が空き次第入場出来るという感じです。

料金は大人1人2400円。結構いい値段です。

美ら海水族館は1880円、2400円あれば本部から与論島へ行くことも出来ます

中に案内されました。

しかし待っていても退屈なので、出来るだけ早く入るため、入口で待つことに。

するとすぐに、中が空いてきたということで、入場出来ることになりました。

入口には花束がずらり。

並んでいる人に、スタッフの方から「アプリをダウンロードするように」という案内がありました。

館内はWi-Fiもサクサクなので助かります。

入場券を自動改札にピッとして中へ。

と、思ったらまたここで待機。

このドアの先は撮影禁止です」というスタッフの方からの案内が。どうやら、館内を自由に巡る前に、まずはシアタールームで映像を楽しむようです。

シアタールームを出たら撮影OKとのこと。この何だかよく分からない感じはワクワクしてきます。

アプリで巡る水族館

シアタールームには180度の大型スクリーンがあり、海と森を駆け抜けるような大迫力の映像に加えて、本当に風が吹いてきたり。 テーマパークのアトラクションのようでした。

5分くらいでしょうか、

シアタールームを出て、まず広がるのはこの景色。水族館…?

うっそうとした植物と木々の緑が広がっており、その緑の中に水槽があります。

こちらの水槽には小さな熱帯魚たちが泳いでいます。

グッピーやネオンテトラなど、ペットショップなどでみられるような魚たち?と思ったのですが、一般的な水族館のように、水槽の周りには魚の説明文は一切ありません

その代わりにあるのはこちら。

「公式アプリを開いてスマホをかざしてみよう」とあるので、やってみると…

水槽の紹介が出てきます。「このエリアのいきもの」を開くと

魚たちの紹介が出てきます。これがDMMかりゆし水族館の楽しみ方です。

入口から出口まで文字は一切なく、館内のWi-Fiに繋いで、スマホ片手に歩くことになります。

よくある紙のパンフレットも無いようでした。

現在地もGPSで示されます。

スマホの充電はフルにしておく必要があるなと思いました。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

.

【SNS本日の結果】
Twitter 1111人(前日比-3) 
Instagram 2094人(前日比+2)
Youtube 22922回 (前日比+110)

~移住2年目 157日目終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました