沖縄を旅する!東南植物楽園は恋愛成就のパワースポット?神秘の花「ヒスイカズラ」が咲く 旅行記その3

南国日記~沖縄移住の記録~

ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は
【東南植物楽園】に行った時の様子
その3 をご紹介します!

★前回の記事★

南国の定番 ハイビスカス

ハイビスカスは南国の定番の花ですね。
沖縄では年中咲いているのを見ることが出来ます。

沖縄の方言で「アカバナー」

色や花びらの形などが様々で
実は5000種以上もあると言われています。

花そのものの寿命は1日ですが、
枝が丈夫なので防風林の役割も果たしています。

神秘の花 ヒスイカズラ

なんでしょう、魅惑的な植物は。

エメラルドグリーンの色、月のような形。

角度を変えて何枚も写真を撮ってしまいます。

この植物の名は「ヒスイカズラ」。

フィリピンが原産のつる性植物です。
花の色が宝石の翡翠に似ていることが名前の由来。

絶滅危惧種に指定されている植物でもあります。

全国にある植物園の温室で見られるそうですが、
沖縄では屋外でその姿を見ることが出来ます。

たださすがに、自生はしていないので、
どこでも見られるわけではありません。

バオバブには笑ってしまった

こちらの花はプラスチックでできています(笑)

いや、注目すべきはこの1本の木です。

「バオバブ」といいます。

アフリカを象徴する樹木として有名。

東南植物楽園のパンフレットにも
大きく書かれていたので期待して行ってみたら
まさかの1本だけ…

これにはちょっと笑ってしまいました(笑)。

ぼちぼちと人はいる

いかにも南国リゾートという雰囲気。

ただ前回も綴ったように、細くて高い木なので、
台風で折れてしまわないのか心配になります。

そして、こんな感じで
ちらほらと人が歩いています。

この時2020年の3月下旬。

コロナの影響で沖縄県外の方はほぼいないはず。

そのため県内の観光施設は
沖縄県民を集客するしかない状況ですが、
沖縄本島の人口は130万人程度。

他県から車で来ることも当然出来ません。

しかも所得が全国水準より低め。

沖縄での集客はとても厳しいものがあります。

小人の住処

これはなんでしょう。家?小屋?

道端の石の上に小人たちがいるのが分かりますか。

どうやら、この方たちの住処のようです。

接近して写真を撮っているので大きく見えますが、
実際には、
かろうじて子供が入れる程度の大きさの家です。

東南植物楽園で恋愛成就はするのか

池にハート模様が浮かんでいますね~。

これをインスタ映えスポットというのでしょうか。

ここは「見晴らしの丘」というスポット。

ハートが浮かんでいる池の名は
「めぐりあいの湖」というそうです。

恋愛成就のスポットにもなっています。

ガチャガチャでは南京錠をゲット出来ます。
それをハート型の柵にくくりつけるというもの。

よくあるやつです。

しかし、スペースにも限りがあるので、
いつかスタッフの方によって外されてしまうはず。

そもそも、ガチャガチャ1回の500円で
結ばれる愛なんてきっと儚いものです…

こういうオブジェは好きですね。

どこかの民族の伝統工芸品のような感じがします。

.

引き続き東南植物楽園を散策していきますが、
今回はここまでにします。


本日もありがとうございました。

【SNS本日の結果】
Twitter 1108人(前日比-3) 
Instagram 2099人(前日比+5)
Youtube 23065回 (前日比+143)

~移住2年目 158日目終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました