ここは水族館?DMMかりゆし水族館に入ると木々と植物の緑が広がっていた 旅行記その4

南国日記~沖縄移住の記録~

ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は
DMMかりゆし水族館に行ってきた」
その4 をお届けします。

★前回の記事★

ピラニアもいます。

DMMかりゆし水族館のキャッチコピーは

「最新の映像表現と空間演出を駆使した
 新しいカタチのエンターテインメント水族館」

オープンしたばかりで、
中の様子は謎のベールに包まれていましたが
入場してまず広がるのはジャングルの緑。

カメレオン(トカゲ?)もいます。

熱帯の川を再現したと思われる水槽です。

泳いでいるのは沖縄にいない魚。

うろこがキラキラして綺麗だなぁと思っていたら
この魚はピラニアでした。

思ったよりも大きいなという印象です。

もちろん沖縄にピラニアはいません。

ケースの窓に艶やかな
緑色の物体が張り付いているのが分かりますか。

これはカエルです。

ピクリとも動かないのでマグネットのようです。

ワニもいます(笑)

ワニがいました。

瞬きさえせずにじっとしています。

喉のしたがピクピク動いているので
生きているんだなぁということが分かります。

こちらのワニさんは眠っています。

ちなみに沖縄にワニはいません。

DMMかりゆし水族館は
「エンターテインメント水族館」なのです。

映像のウリボーと微動だにしないペンギン

壁をよく見ていると
ウリボー(映像)が歩いていました。

常に何かが表示されているわけではないので、
気付いていない人も多いと思います。

何もいない水槽?」と思いましたが、

少し引いてみるとペンギンさんがいました。

ワニと同様、置物のようにじっとしているので、
大きな水槽がまったく意味を成していません(笑)

憩いの広場的な場所でしょうか。

ここで記念撮影をしている人も多かったです。

よく見るとこの木にもフクロウさんがいます。

沖縄らしいサンゴの海

ようやく沖縄らしい水槽が登場しました。

海の映像をバックにサンゴ礁の海が再現され、
波のプールのように、
水槽には波が押し寄せています。

沖合に大きな船が航行しています。

水槽の横はスロープのようになっており、
水面を波打ち際から見ることが出来ます。

カラフルな熱帯魚たちが泳いでいます。

これは沖縄の海でも見られる景色です。

しばらくすると背景の映像が切り替わり、
スコールがやってきました。

こういう演出は面白いですね。

雷の音なども再現されています。

こちらも沖縄の海を再現した水槽です。

気持ち悪いですね~(笑)

沖縄本島の海辺では、
潮が引くとイノーという潮だまりが出来ます。

ヒトデやナマコ、小さな熱帯魚たちは
こうしたイノーで見ることが出来ます。

まぁ、このサイズを見ることはありません。

.

ということで、
ようやく水族館っぽくなってきました。

次回はDMMかりゆし水族館で
一番の見どころをご紹介します。

本日もありがとうございました。

.

【SNS本日の結果】
Twitter 1111人(前日比+3) 
Instagram 2109人(前日比02)
Youtube 23862回 (前日比+116)

~移住2年目 163日目終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました