2020-07

旅の思い出

東京湾に浮かぶ無人島・猿島で「ラピュタの世界観」を体験する!都心から最も手軽に行ける島|2018年 猿島旅行記

ブログをご覧いただきありがとうございます。 本日は「猿島旅行記」をお届けします。 これまでの旅の思い出を振り返るシリーズです。 ★前回の記事★ 横須賀沖に浮かぶラピュタの島 「月に1度は島に行く」というのは私は社会人になってからの目標でした。 そして...
南国日記~沖縄移住の記録~

5カ月ぶりにおじぃの沖縄コーヒー農園へ! 新しいコーヒーを実験中| 「沖縄コーヒー農園にカフェを作ろう」2020年7月編 旅行記その1

ブログをご覧いただきありがとうございます。 今回は「沖縄コーヒー農園にカフェを作ろう」その1をお届けします。 ★前回の記事★ 5カ月ぶりにコーヒー農園へ 2020年7月上旬。 久しぶりにやんばるにあるおじぃのコーヒー農園に行ってきました。 前回訪れた...
南国日記~沖縄移住の記録~

「道の駅かでな」の展望台から見る嘉手納飛行場(米軍基地)。戦闘機グッズも販売されている!?|戦後75年 沖縄戦の戦跡を巡る旅 旅行記その4

ブログをご覧いただきありがとうございます。 今回は「沖縄戦の戦跡を巡る旅」その4をお届けします。 ★前回の記事★ そもそも沖縄の戦跡巡りとは 原付で沖縄戦の戦跡を巡る旅。 ただ、戦跡と言っても、沖縄の場合は戦時中の戦車や大砲が残されているわけではありません...
三宅島旅行記

噴火の脅威!火山体験遊歩道から見る阿古小中学校。橘丸と夕陽に染まる東京湾。|2018 三宅島旅行記 最終回

ブログをご覧いただきありがとうございます。 本日は「三宅島旅行記」最終回をお届けします。 これまでの旅の思い出を振り返るシリーズです。 ★前回の記事★ 溶岩に飲み込まれた阿古小中学校 三宅島を歩く旅2日目。 錆ヶ浜港の近くにある火山体験遊歩道では噴火...
南国日記~沖縄移住の記録~

沖縄No1シュークリームを食す!ミニミニ動物園を満喫し那覇空港へ|「うちなーガイド」と行く沖縄の旅 旅行記 最終話

ブログをご覧いただきありがとうございます。 今回は「うちなーガイドと行く沖縄の旅」最終話をお届けします。 ★前回の記事★ ★うちなーガイドとは★ ミニミニ動物園は面白い うちなーガイドの稲福さんと行く1日沖縄旅も時刻はもうすぐ夕方。 おやつを食べ...
三宅島旅行記

三宅島を歩いて1周!大久保浜キャンプ場で野宿。海に沈む夕陽と溶岩の景色を楽しむ。|2018 三宅島旅行記 その6

ブログをご覧いただきありがとうございます。 本日は「三宅島旅行記」その6をお届けします。 これまでの旅の思い出を振り返るシリーズです。 ★前回の記事★ 三宅島を歩いて1周しました。 三宅島を歩いて1周して、出発地である大久保浜キャンプ場に到着しました。 ...
南国日記~沖縄移住の記録~

沖縄旅行記 その5

ブログをご覧いただきありがとうございます。 今回は「うちなーガイドと行く沖縄の旅」その5をお届けします。 ★前回の記事★ ★うちなーガイドとは★ おやつを食べに沖縄市へ コーヒー農園を出発して次の場所へ。 今度は「おやつを食べる」というこ...
南国日記~沖縄移住の記録~

沖縄戦で米軍が上陸した地と米軍基地周辺の景色|戦跡巡り旅行記その2

那覇市・雨乞嶽の次は、米軍が沖縄本島に上陸した地点へ向かいます。慶良間諸島を上陸から3日で占領した米軍は、1945年4月1日、沖縄本島の中部・読谷村の渡具知ビーチから上陸しました。米軍が沖縄本島に上陸してから、1945年6月23日、日本軍の組織的抵抗が終わるまでの約3カ月、住民を巻き込んだ日米の激しい戦いが行われます。
三宅島旅行記

錆ヶ浜港からキャンプ場へ。歩きながら噴火の名残を見る|2018 三宅島旅行記 その4

途中に商店などもありますが、昼食も食べずに歩き続け、14時頃、錆ヶ浜港に到着しました。港にはちょうど、八丈島で折り返してきた東京行きの橘丸が入港していました。朝は港からキャンプ場までバスで向かいましたが、歩くとおよそ10km。あと2時間少し歩けばゴール出来そうです。
南国日記~沖縄移住の記録~

おじいのコーヒー農園へ遊びに行って、焙煎を体験する|うちなーガイドと行く 沖縄旅行記 その4

昼食を食べているときにコーヒー農園の話になり、その場で連絡をして遊びに来てしまいました。コーヒー豆はまず実から種を取り出し、取り出した豆を乾燥させ、お米のように脱穀してから焙煎します。豆が粉になりました。この粉にお湯を淹れたらコーヒーの完成です。おじぃのコーヒーへの想いを聞くと、より味わいが深くなります。
南国日記~沖縄移住の記録~

沖縄戦の戦跡を巡る旅。空襲で9割が消失した那覇を見る|旅行記 その1

今回の旅では原付を走らせ、1日で沖縄戦の流れを辿りました。まずやってきたのは那覇市にある「雨乞嶽」。那覇市街を見下ろす丘の上に展望台があり、夜には夜景も綺麗な、隠れた絶景スポットです。沖縄に初めて米軍の空襲が襲ったのは1944年10月10日。この空襲は10・10空襲と言われ、特に那覇市は壊滅的な被害を受けました。
三宅島旅行記

10km歩きました。港・空港・役場、島の重要機関を見る|2018 三宅島旅行記 その3

三宅島を歩いて1周する旅。歩き始めてから約3時間が経ちました。海を眺めていたら、ちょうど調布からのセスナ機がやってきました。続いてやってきたのは三宅島空港。離島の小さな空港はどこも「これが空港!?」という驚きがあるので面白いです。空港の中はこんな感じ。まるで病院の待合室のようです。
南国日記~沖縄移住の記録~

ヤンバルクイナがいる道の駅でイノブタそばの昼食|うちなーガイドと行く 沖縄旅行記 その3

時刻はもう12時過ぎ。到着したのは沖縄最北端の道の駅「ゆいゆい国頭」です。道の駅の中にある「レストランくいな」にて、「いのぶた肉そば」(830円)をいただきます。臭みもなく柔らかいお肉で美味しいです。沖縄でイノブタを食べることが出来るのはここ国頭村だけ。山盛りのお肉と野菜でそばが見えていません。
南国日記~沖縄移住の記録~

豊見城市から那覇市のグスクへ!14のグスクを半日で巡る|旅行記 最終回

8つめのグスクは佐敷グスク。9つめのグスクは島添大里グスク。続いてやってきたのは豊見城市の長嶺城跡。11番目のグスク豊見城城跡。残り1時間。あとは那覇市内のグスクを巡るのみです。三重城跡を平定しました。滞在時間は5分ほど。13番目のグスクは天久城跡。 今回は沖縄本島南部にある14のグスクを半日で巡りました。
三宅島旅行記

1周30km!火山の島・三宅島を歩いて1周する|2018 三宅島旅行記 その2

山の方を見ると枯れた木々が立っています。溶岩で出来ているため、一面真っ黒という何とも異様な光景です。三宅島は海底火山の噴火によって出来た島で、いわば島全体が活火山。三宅島への避難指示が解除され、島民の帰島が始まったのは2005年。その後も火山ガスの放出は続き、全居住地区の規制が解除されたのは2015年のことでした。
タイトルとURLをコピーしました