首里城公園から歩いて那覇空港へ。空港近くの「マクドナルド小禄店」で夜明かし~九州・沖縄の島を巡る旅 旅行記 最終回~

旅の思い出

ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は
九州・沖縄の島を巡る旅
その最終回をお届けします。

★その32はこちら★

焼失前の首里城

首里城公園の散策を終え、
那覇市外へと歩いて戻ります。

この日は那覇の「とある場所」に宿泊し
翌日の朝の飛行機で成田へと戻ります。

まさかこの立派な首里城が焼失してしまうとは…

いや、それよりも
まさか自分が沖縄に移住するとは
この時思ってもいませんでした。

たまたま首里城公園で
琉球舞踊の公演が行われていました。

こうして旅先で
その土地の伝統や文化に触れられると
いい思い出になります。

首里城公園のそばにある首里観音堂

こちらは首里城のそばにある
首里観音堂」というお寺です。

お寺といえば茶色っぽいイメージですが
ここはやはり首里城と同様に朱色です。

1618年に建立され、1645年からは
毎年国王が国の安全を祈願するため
参拝に訪れるようになったそうです。

沖縄随一の観音信仰の聖地らしいのですが
首里城に比べてほとんど人がいませんでした。

住宅街に囲まれているので
「普通の家?」かと思ってしまうほどです。

国際通りで売られていた泡波

国際通りへとやってきました。

国際通りで残っている写真はこの1枚のみ。

「泡波」360ml 4500円

泡波といえば、
日本最南端の島「波照間島」の泡盛。

泡波の製造は一貫して手作りで行われているため
数に限りがあり
なかなか島外に出回らないことから
幻の泡盛」とも言われています。

が、これは高すぎます(笑)

この値段は波照間島のおよそ3倍です。

さすが国際通り。

バニラエアで那覇空港から成田空港へ

旅の13日目。

いよいよ最終日です。

朝9時過ぎの飛行機で成田へと帰ります。

前日は「マクドナルド小禄店」に1泊。
「泊」と言っても寝ることは出来ません。

那覇空港が閉まる23時頃までは
空港のベンチで過ごし、翌朝に空港が開くまでは
マックで時間をつぶしていました。

★私とマクドナルド小禄店★

そして朝一で空港へと戻り、
飛行機の時間までまたベンチで仮眠。

運よく窓側に座ることが出来ました。

外を眺めていると
久米島に向かうフェリーが通過していきました。

その船を見て
「あぁ、島行きたいな」と思うのでした。

これがこの旅で残っている最後の写真です。

もう眠すぎて、そのあとの記憶が全くありません。

九州・沖縄の島を巡る旅

これにて13日間にわたる
九州・沖縄の島を巡る旅」は終了です。

この旅行記は、自分が上陸した
島の数を確認するために綴っているので
ここで改めて上陸した島を確認します。

31島 小値賀島
32島 野崎島
33島 中通島(新上五島町)
34島 硫黄島
35島 久高島
36島 南大東島
37島 北大東島

この旅で使ったお金は食費をいれて11万円ほど。

なかなか安く旅が出来たと思います。

この旅は「島」がメインである一方で
47都道府県制覇を達成した
という意味でも印象に残っています。

.

ということで今回はここまで。
本日もありがとうございました。

.

【SNS本日の結果】
Twitter 1126人(前日比0) 
Instagram 2190人(前日比+1)
Youtube 28752回 (前日比+163)

~移住2年目 188日目終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました