沖縄旅行のおすすめ!現地ガイドツアー参加してみた|うちなーガイドと行く 沖縄旅行記 その1

南国日記~沖縄移住の記録~

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「うちなーガイドと行く沖縄の旅」その1をお届けします。

うちなーガイドに申し込む!

コロナウイルスの影響により、私はしばらく、沖縄本島での小旅行を楽しんでおります。

「どこ行こうか」とネタを探していたある日、たまたま 『うちなーガイドと行く沖縄ツアー』という、面白そうなツアーを発見しました。

★詳細はこちら★

まっしー@うちなーガイド|note
県外の大学を志望し続けるくらい、沖縄を出たいと思っていましたが、海外の親戚との出会いをキッカケに地元・沖縄が大好きになりました。

沖縄で生まれ育った地元の若者が、車で沖縄本島内を案内してくれるという内容です。

個人旅行が増加し、最近ではそこに住んでいる人が地元を案内する「ローカルガイド」が普及しつつあります。

星野リゾートでも「OMOレンジャーガイドツアー」という、地元のガイドとのまちあるきツアーが開始されました。

旅行の楽しみに「地元の人との交流」というのは欠かせません。

うちなーガイドさんの体ツアー参加すると、ただ交流するだけでなく、車内でのゆんたく(おしゃべり)も楽しめるそう。

沖縄へ旅行に来た際、ゆんたくがあるようなゲストハウスをわざわざ選んでいた私にとって、大変魅力的な体験です。

というわけでさっそく、申し込みをしてみました。

出発は那覇空港から!

ガイドをしていただく当日の天気は晴れ。スタートは那覇空港からです。

行先は『うちなーガイドさんのおまかせ』にしていたので、どこへ行くのかは分かっていません。

ワクワクします。

那覇空港に来るのも久しぶりです。

一見閑散としたように見えますが、お店などはほとんど開いており、思ったよりも人がいるなという印象でした。

ちなみ、この日はコロナウイルスの影響により制限されていた【都道府県をまたぐ移動】が解禁された直後でした。

到着ロビーの看板には「マスクの着用及び手洗い、3密を避ける行動をお願いします」と書かれています。

サーモグラフィーによる検査らしきものも行われていました。

那覇空港はまさに沖縄本島の玄関口であり、ウイルスの流入を防ぐ砦として、重要な役割を果たしています。

沖縄に来たと感じる瞬間

那覇空港に到着すると、まずは沖縄の海に泳ぐ熱帯魚たちがお出迎えしてくれます。

ポークたまごも沖縄ならではグルメ。

飲み物もシークワーサーティー

旅行で沖縄に来ていた時は、こうした沖縄らしいものを見て、沖縄に来たなと実感していたものです。

空港に直結しているゆいレールの那覇空港駅は「日本最西端の駅」。

ここでうちなーガイドさんと合流することになっています。

こちらが今回案内をしていただく、うちなーガイドの稲福さんです。

簡単に挨拶を済ませ、車に乗り込んだらいよいよ旅の始まりです。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

本日もありがとうございました。

.

【SNS本日の結果】
Twitter 1125人(前日比+3) 
Instagram 2197人(前日比+5)
Youtube 29099回 (前日比+172)

~移住2年目 190日目終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました