会社から竹芝桟橋に直行!仕事終わりに橘丸に乗船。朝起きたら三宅島|2018 三宅島旅行記 その1

三宅島旅行記

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「三宅島旅行記」その1をお届けします。社会人になって最初の島旅です。

★前回の島旅★

仕事終わりに竹芝桟橋へ

2018年4月20日、時刻は21時30分。

東京・竹芝桟橋へとやってきました。

服装はスーツです。

この時期、多くの企業では新入社員研修が行われており私も研修終わりにそのまま竹芝へとやってきたのであります。

竹芝桟橋のトイレで、スーツを着替えました。

乗船するのは22時30分発の橘丸。行き先は三宅島です。

この日は金曜日。土日が休みなので、土曜日は三宅島に1泊。日曜日の夜に東京へと戻ってくるプランです。

土日の三宅島の天気は晴れ。

私は今回野宿です。会社には大きめのリュックサックで行き、その中には着替えの他、テントと寝袋が入っていました。

ちなみにこの日会社には誰よりも早く行き、大きなリュックサックを机の下に、ワクワクする気分は心の片隅に隠して、研修を受けていました。

時間になり橘丸は出港しました。

三宅島までは約6時間半の船旅です。

q出港からおよそ10分でレインボーブリッジの下を通過します。そして離れてゆく東京のビル群。

翌朝目覚めると島に流されているという、まさに夢のような体験をすることが出来るのが、伊豆諸島航路(橘丸・さるびあ丸)の醍醐味です。

橘丸もさるびあ丸も、基本的には毎日就航しています。東京で働いている人は、仕事が嫌になったら船に乗ってしまえばいいのです。

目が覚めるとそこは三宅島だった。

私の座席は社会人になってももちろん2等和室。

乗船券はインターネットで購入すると割引されるので、この時は片道5690円でした。

三宅島へのアクセスは橘丸の他、調布飛行場から1日1便出ている新中央航空のセスナ機があります。セスナ機は片道17500円と、ややお高めです。

翌朝。時刻はまだ5時前。

船内放送で目が覚めました。船の中ではよく寝れたので眠気はありません。

甲板に出ると、夜明け前のオレンジがかった空の下、三宅島の姿が見えていました。

橘丸は定刻踊り、三宅島に入港しました。

テントを設営したら…

三宅島では多くの方が下船されました。

釣り竿を持った方が多い印象です。

港からバスに乗って、キャンプ場へやって来ました。私以外誰もいません。

まずはテントを設営しました。

海沿いの砂は黒く、この島が火山の島であることを伺わせます。

テントを設営し、だいぶ身軽になりました。ということで、この日は三宅島を1周します。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

.

【SNS本日の結果】
Twitter 1126人(前日比+1) 
Instagram 2196人(前日比-1)
Youtube 29287回 (前日比+188)

~移住2年目 191日目終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました