沖縄戦の戦跡を巡る旅。空襲で9割が消失した那覇を見る|旅行記 その1

南国日記~沖縄移住の記録~

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回から数回にわたり「沖縄戦の戦跡を巡る旅」をお届けします。

2020年。戦後75年の慰霊の日。

1945年3月末から6月までの約3か月、沖縄では日本軍と米軍による激しい戦争が行われ、日米合わせて20万人以上が亡くなったという歴史があります。

1945年6月23日、牛島司令官が自決したことで日本軍の組織的な抵抗は終了しました。

今でも6月23日は「慰霊の日」として、沖縄では祝日扱いとなります。

今年はコロナウイルスの影響で、慰霊の日の式典などは中止となりましたが、夕方の平和祈念公園には多くの方が訪れていました。

今では南国リゾートを求めて多くの観光客が訪れる沖縄ですが、その観光の原点は「慰霊の旅」。

沖縄を訪れる修学旅行生も、着いたらまずは平和学習というパターンが多いです。

沖縄戦(太平洋戦争)が終わってから今年で75年。

今回の旅では原付を走らせ、1日で沖縄戦の流れを辿りました。

那覇市街が壊滅した10・10空襲

まずやってきたのは那覇市にある「雨乞嶽」。

那覇市街を見下ろす丘の上に展望台があり、夜には夜景も綺麗な、隠れた絶景スポットです。

こちらが「雨乞嶽」。

首里城からも近く、琉球王国時代には、干ばつの時に国王がこの御嶽を訪れ雨乞いをしたそうです。

沖縄に初めて米軍の空襲が襲ったのは1944年10月10日。この空襲は10・10空襲と言われています。朝から夕方までの空襲で、特に那覇市は壊滅的な被害を受けました。

その一方で、総務省によると10・10空襲の死者は225人。

当時の那覇市の人口が6万人だったそうなので、結果として沖縄戦で20万人が亡くなったことを考えると、人々は戦争の本当の怖さを、この時はまだ知らなかったのかもしれません…

太平洋戦争が始まる

1941年12月8日。

日本軍がハワイの真珠湾へ攻撃を仕掛けたことから、太平洋戦争が始まりました。沖縄戦も太平洋戦争の戦いのひとつです。

ハワイから始まった日本の戦争も、しばらくは南洋諸島と言われる、日本本土から遠く離れた南の島で行われていました。

上の写真はミクロネシア・チューク諸島

チューク諸島には美しい海が広がる一方で、海底には今も多くの沈没船が眠っています。

★参考:ジープ島旅行記★

こちらがその沈没船の写真。ほとんどが日本の船です。

国民に入ってくるのは、「日本軍勝利」の情報だけ。

沖縄の人々も、10・10空襲が来るまでは、戦争の恐ろしさを知らず、「まさか沖縄に米軍が上陸するとは」「強い日本軍が守ってくれる」、そう考えていたはずです。

しかし、実際は開戦から半年後、1942年6月のミッドウェー海戦で敗戦してから、日本軍は劣性に立たされ、戦場は確実に日本へ近づいていました。

硫黄島から沖縄へ

沖縄戦に先立って、1945年2月19日、米軍は小笠原諸島・硫黄島に上陸しました。

この小さな島でおよそ1カ月、非常に激しい戦いが行われました。

結果として、硫黄島にいたおよそ2万人の日本兵のうち96%が戦死または行方不明となりました。

また、米兵も2万8千人以上が死傷し、大きな損害を被りました。

こちらは父島の境浦海岸

現在も米軍の攻撃によって座礁した濱江丸が残されています。小笠原諸島では全島民疎開が行われたため、住民が戦争に巻き込まれることはありませんでした

★参考:小笠原諸島と戦跡★

硫黄島の戦いは3月26日に終了しました。

そしてその同日、米軍は沖縄本島の北西に浮かぶ慶良間諸島に上陸しました。

今回の「沖縄戦の戦跡を巡る旅」で、最初に雨乞嶽を訪れたのは、10・10空襲と慶良間諸島の話をするため。

天気がよかったので、雨乞嶽からも慶良間諸島の島影が見えました。

また、ちょうど飛行機が那覇空港に着陸しようとしています。那覇空港ももともと「小禄飛行場」という、1933年に日本海軍によって建設された沖縄県で最初の空港です。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0026-1024x768.jpg です

米軍は慶良間諸島に上陸後、3日で占領を宣言。1945年4月1日に沖縄本島へ上陸します。

米軍上陸地点には石碑があるので、次はそちらへと向かいます。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

.

【SNS本日の結果】
Twitter 1121人(前日比+0 ) 
Instagram 2228人(前日比+2)
Youtube 30564回 (前日比+0)

~移住2年目 198日目終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました