おじいのコーヒー農園へ遊びに行って、焙煎を体験する|うちなーガイドと行く 沖縄旅行記 その4

南国日記~沖縄移住の記録~

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「うちなーガイドと行く沖縄の旅」その4をお届けします。

★前回の記事★

★うちなーガイドとは★

まっしー@うちなーガイド|note
県外の大学を志望し続けるくらい、沖縄を出たいと思っていましたが、海外の親戚との出会いをキッカケに地元・沖縄が大好きになりました。

おじぃのコーヒー農園カフェ

道の駅ゆいゆい国頭で昼食を食べた後、次の目的地へ向かいます。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は DSC_4360-1024x512.jpg です

海沿いにポツンとたたずむバス停。映画のワンシーンに出てくるような光景です。

そしてここにきてパラパラと雨が降ってきました…

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は DSC_4362-1024x512.jpg です

国頭村から大宜味村にある「石山展望台」にやってきました。

特徴ある顔をしたシーサーが置かれており、その背後には緑と海のパノラマが広がります。

やってきたのは、おじぃのコーヒー農園カフェです!

実は昼食を食べているときにコーヒー農園の話になり、その場で連絡をして遊びに来てしまいました。

★コーヒー農園と私★

コーヒーを自分で焙煎する

コーヒー農園では私が皆さんをご案内。

階段の下に広がる背の低い木々がコーヒーの木です。

こちらはコーヒーの実。

今は緑ですが、秋から初冬にかけてこの実が黄色や赤に色付き、その頃が収穫時です。

コーヒーの木を植えて、こうして実をつけるようになるまでには5年かかるといわれています。

コーヒーの木々の周囲は、いかにも熱帯らしい植物に囲まれています。

これらの植物や木々がコーヒーの木を台風から守ってくれます。

コーヒー農園を見学した後は、おじぃ手作りのカフェでコーヒーを淹れます。

焙煎する豆はおじぃのコーヒー農園で昨年収穫されたもの。

日本でコーヒー栽培が行われているのは沖縄北部・小笠原諸島・徳之島だけなので、とても貴重な体験です。

コーヒー豆はまず実から種を取り出し、取り出した豆を乾燥させ、お米のように脱穀してから焙煎します。

豆がパチパチと音を立て、煙が立ち始めたら焙煎は終了。

トレーに豆を移して自然に熱が冷めるのを待ちます。

こちらが焙煎されたコーヒー豆。

そのまま食べてみなさい」とおじぃが言うので、かじってみると香ばしい苦味が口の中に広がります。

自分でコーヒーを淹れる

こうして出来上がった豆を挽きます。

豆が粉になりました。

この粉にお湯を淹れたらコーヒーの完成です。

おじぃのコーヒーはふっくらした泡が立つのが特徴です。

出来立てのコーヒーをいただきます。

私もおじぃのコーヒーを飲むのは久しぶりです。すっきりしていて飲みやすいなと思います。

私はコーヒーの味に特別詳しいわけではありませんが、スーパーに売っているようなコーヒーとは全く味が違います

みんなでコーヒーを頂きながら、おじぃのコーヒーへの想いを聞くと、より味わいが深くなります。

コーヒー作りは本当に大変なのです…

今回は旅の途中に立ち寄ったので、それほど時間もなく次の場所へと向かうことに。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

.

【SNS本日の結果】
Twitter 1121人(前日比+0 ) 
Instagram 2234人(前日比+6)
Youtube 31098回 (前日比+534)

~移住2年目 199日目終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました