怪しい?入場無料?沖縄市にあるミニミニ動物園は想像以上に面白かった|「うちなーガイド」と行く沖縄の旅 旅行記 その6

南国日記~沖縄移住の記録~

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は
うちなーガイドと行く沖縄の旅」その6
をお届けします。

★前回の記事★

★うちなーガイドとは★
https://note.com/masashi_okinawa

おやつを食べに沖縄市へ

おじぃのコーヒー農園を出発して次の場所へ。

今度は「おやつを食べる
ということで沖縄市へと向かいます。

うちなーガイドの稲福さんが
「本当におすすめです」
と話し、到着したスポットはこちら!

ミニミニ動物園!?

看板も剥げてしまい、
非常に怪しい雰囲気が漂っています…

私も今まで知らなかったスポットです。

どうやら「たまご屋」さんらしく、
そのたまごを生かしたケーキもあるようです。

なるほど、うちなーガイドの稲福さんが
おやつと言っているのは
このケーキのことのようです。

ちなみに看板の背後にある
シマウマのオブジェはベンチになっています(笑)

ミニミニ動物園に到着

中に入るとインコが数匹。

話しかけるとたまに返事をしてくれます。

これが意外と面白い。

「見学自由」というエリアへと進んでいきます。

こちらがミニミニ動物園です。

怪しげな入口とは対照的に、
とても作りこまれています。

フクロウもいます。

フクロウは今まで木の上にいるイメージでした。

と、思ったら
こちらのフラメンゴやカエルは全部オブジェ(笑)

十分な展示スペースが与えられている一方で
オブジェなので微動だにしません。

動物園?何だか面白い場所

中国で作られたピカチュウ?のような
石造も置かれていました。

そしてまたインコ

何でしょうか、雑多な感じは。

次から次へと突っ込みを入れたくなるような
面白さがあります。

ウサギです。

このスペースにしては数が多い気が…。

ウサギの皆さんも
自分の居場所を探してせわしなく動いています。

大きなカメが3匹。

皆さん角がお好きなようで、一カ所に集中し、
しかもこちらにお尻を向けています。

ウサギの飼育スペースに置かれた
餌を食べるのは隣の飼育スペースにいるサル。

ただ、この高さに餌が設置されていると
ウサギは当然届きません。

ここでは、サルが取りこぼした餌を
ウサギが食べるというエコシステムが
成り立っているようです。

実際、餌の皿の下には
ウサギさんたちが集まっていました。

エミューもいる(笑)

トカゲもいます。

こちらにもサルがいました。

ニワトリです。

そうは言っても、ここはたまご屋さんなので、
ニワトリたちが飼育されている空きスペースに、
ここまでご紹介してきたような
動物やオブジェたちが展示されています、、、

ではなく、

ニワトリの飼育スペースはここだけです(笑)

こちらの鳥さんたちは
柵を隔てて見つめあっています。

何だか切ない気持ちになってきます…

エミューまでいます(笑)

ミニミニ動物園にいる最も大きな生き物です。

ここが折り返し地点。見ごたえがあります。
入口からここまで20分くらいかかりました。

.
ということで今回はここまで。
本日もありがとうございました。
.

【SNS本日の結果】
Twitter 1130人(前日比+6) 
Instagram 2241人(前日比+7)
Youtube 31573回 (前日比+148)

~移住2年目 202日目終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました