青函フェリー1泊!仕事終わりに新幹線で奥尻島へ|2018年 奥尻島旅行記その1

奥尻島旅行記

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回から数回にわたって「奥尻島旅行記」をお届けします。

★前回の記事★

思い付きで奥尻島へ

私が奥尻島へ行ったのは2018年の6月。

奥尻島はここにあります。そう、北海道の離島です。

北海道には梅雨がないことから、 6月が観光のベストシーズンとも言われています。

社会人3カ月目のとある金曜日、大宮駅の近くで研修があり、その研修が夕方には終わり土日は休み…

ということで、研修終わりのスーツのまま、やってきたのは大宮駅の新幹線ホームです。

研修の途中で「どうやら今日は早く帰れるらしい」ということが分かました。

途中からは研修そっちのけで『どこへ行こうか』と考えており、そのとき思いついたのが奥尻島でした。

16時46分発のはやぶさに乗車し、まずは新青森駅へと向かいます。

北海道新幹線の終点・新函館北斗駅まで新幹線で行くことも出来ましたが、今回はあえて新青森駅で降ります

新青森駅までは片道17,000円。

結構な額ですが、6月はボーナスの時期。私は新卒3カ月目でしたが、10万円のボーナスが支給されていました。

こういう時間とお金の使い方をして初めて、「社会人になったな」と実感しました。

青森からはフェリーで函館へ

新青森駅に着いたのは20時前。

当然研修でもらった資料なども手に持ったまま、ここまで来てしまいました。

新青森駅から青森駅へ移動します。

青森駅から10分ほど歩いたところに「青森まちなかおんせん」があります。

ホテルが併設された綺麗なスーパー銭湯で、入浴料も450円という、素晴らしい場所です。

こちらで汗を流して、しばしのんびりと。もちろん着替えはないので、前日着ていたスーツのままです。

そして日付が変わるころ、やってきたのは青森港フェリーターミナルです。

2時に青森を出港するフェリーあさかぜに乗船します。

フェリーターミナルまでは青森駅から歩いて3kmほど。

6月の東北の夜は涼しいですが、荷物も持ってスーツで30分以上歩くとさすがに暑いです。

銭湯で汗を流して、またすぐに汗をかくという…

この船が函館に着くのは翌朝6時前。

青森から函館まではおよそ2000円で行くことが出来ます。船を宿として活用することで【新青森→新函館北斗の交通費】【函館での宿代】の節約になるのです。

私が新函館北斗まで新幹線で行かなかった理由です。

いよいよ北海道へ、そして奥尻島上陸!

翌朝、外に出てみると函館山が見えていました。

山頂付近は雲に覆われ、天気はあまりよくありません。

船では枕だけがある、硬い床の上での雑魚寝ですが、しっかり寝ることが出来ました。

早朝の函館(五稜郭)に上陸。ここから路線バスで約2時間、江差港フェリーターミナルへ向かいます。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_2385-1024x768.jpg です

ハートランドフェリーに乗船。江差港から奥尻島までは約2時間の船旅です。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_2386-1024x768.jpg です

船の名前は「カランセ奥尻」。

カランセというのは奥尻島で育つ幻の植物、「オクシリエビネ」の学名なのだそう。2017年に就航した船で、船内はかなり綺麗です。

徐々に空も晴れてきました。 いよいよ奥尻島に上陸です。

.

ということで今回はここまで。

NEXT

本日もありがとうございました。
.

【SNS本日の結果】
Twitter 1135人(前日比+6) 
Instagram 2279人(前日比+10)
Youtube 34355回 (前日比+573)

~移住2年目 211日目終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました