コーヒー農園カフェで食べるランチ!居心地のいいカフェを目指して|「沖縄コーヒー農園にカフェを作ろう」2020年7月編 旅行記その4

沖縄コーヒー

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は
「沖縄コーヒー農園にカフェを作ろう」その4
をお届けします。

★前回の記事★

コーヒー農園カフェで食べるカレーライス

沖縄本島北部、やんばるの森で
コーヒー栽培を営むおじぃが
カフェを手作りしています。

この日は私も午前中からその作業のお手伝い。

お昼休憩の時間になりました。

今回私は外でお昼ご飯を作ります!

まずはフライパンを洗います。
水道があるのはこういう時に便利です。

ただ、この水道は川からくみ上げたものなので
飲むことは出来ません。

飲み水はこちらのポットに入っています。

フライパンに水を入れてコンロで熱します。

水が沸騰するのを待つ間にご飯を準備します。

電子レンジで約2分です。

そう、おじぃのカフェには
電気も通っているのです。

完成しました!

この日のお昼ご飯はカレーライスです。

フライパンで沸かしたお湯に
レトルトのカレーを入れたのではなく、
使ったのはカレールー(笑)

セットの飲み物はコーヒーティーです。

BBQもそうですが
屋外で調理して食べるご飯は美味しいです。

休憩をしたら午後の作業へと移ります。

「和」を意識した空間づくり

午後はカフェ横のスペースの整備。

ここを綺麗に整備することで、
カフェから見える景色をよくしたい

というのがおじぃの狙いです。

竹が植えられていました。

沖縄ではあまり竹が生えているのを見ません。
(調べてもその理由はよく分かりませんでした)

おじぃはカフェの雰囲気として
「和」を意識しているので、
この竹を植えたのだと思われます。

鉄パイプをカットします。

この鉄パイプはもともとコーヒーの木を
支えるために用いられており、
午前中の作業で回収していました。

もちろん指を挟んだら
一瞬で指が飛ぶので慎重に作業します。

いや、それにしても
まさか自分がこんな作業を覚えるとは(笑)

カットした鉄パイプを地面に地面に埋め込みます。

そして、埋め込み具合を測量。

これを繰り返します。
何を作っているのかというと…

ハンマーで岩を粉砕するおじぃ

カフェの横のスペースをこのように囲み、
でこぼこになっている地面の高さを揃えるのです。

ゆくゆくはこの木の棒が埋まる高さまで
土を盛り地面を底上げし、
その上に芝生を張るそうです

夕立がやってきました。

しばし休憩です。

雨は30分ほどでやみました。

作業を再開します。

おじぃは大きな石を前にハンマーを持っています。

やんばるの赤土を掘っていると
こうした大きな石が沢山出てきます。

これらの叩くと簡単に割れるので
おじぃは石を砕く作業をします。

おじぃが石を砕いている様子。

写真だと全く伝わりませんが、
実際のおじぃは勢いよくハンマーを振り、
結構な迫力があります。

細かく砕いた岩は
このように敷き詰めていきます。

この日の作業はここで終了。

最後におじぃが
完成形のイメージを語ってくれました。

そうした話を聞くと、
私も早くこの場所に人が来て、
リピーターもいるような
楽しい場所になればいいなと思います。

おじぃのコーヒの詳細はこちら

生豆直売所(豆が買えます)
https://okinawa-coffee.stores.jp/items/5f2915a4791d02329ed62921

コーヒー体験
http://coffee.okinawa/

.

そしてこの翌週、
ちょっとしたパーティーを開催しました。

その様子はまた次回。

NEXT

最後まで読んでいただきありがとうございました。

.

【SNS本日の結果】
Twitter 1132人(前日比+0) 
Instagram 2312人(前日比+8)
Youtube 35462回 (前日比+121)

~移住2年目 216日目終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました