【路線バスで行く沖縄の旅】早朝の国際通りを通過、沖縄本島の中部へ ~土日祝限定フリー乗車券 旅行記その2~

南国日記~沖縄移住の記録~

ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は
路線バスで行く沖縄の旅」その2
をお届けします。

★前回の記事★

Go To キャンペーン初日の国際通り

5時45分に那覇バスターミナルを出るバスに乗車。

まずはこのバスの終点
名護バスターミナルへと向かいます。

その先の予定は全く決まっていません。

太陽がこれから昇ろうとしており、
空がだんだん白んできました。

そんな早朝の国際通りを通過します。

さすがにこの時間、歩いている人はまばらです。

国際通りからは数名の方が乗ってきました。

その中に「朝まで飲んでいた」と思われる
女性がいたのですが、その方は終点の
名護バスターミナルまで乗っていました。

乗車して早々眠ってしまっていたので
「寝過ごしてるんじゃないか」と勝手に
心配していたのですが、どうやら違うようでした。

那覇から名護までは約2時間、
料金も片道だけで2000円を超えます。


沖縄本島の北部に住むのは大変だなぁ
この時思ったものです。

この日はGo to Travel キャンペーンの初日。

国際通りは元々、
地元の人がほとんど行かない場所なので
観光客激減の影響をもろに受けています。

ニュースによると、国際通りにある約80店舗が
閉店や休業に追い込まれているそうです。

私も当然、この旅ではマスクを着用し
バスも一番後ろの窓が開けられていました。

バスは沖縄本島中部へ

バスの車内で
この日更新する旅行記を書いていました。

しばらく原付での旅が続いていたので
こうして旅をしながら作業するのも
久しぶりのことです。

車窓を眺める旅がしたい
というのは、今回の旅の目的でもありました。

勢理客と書いて「じっちゃく」と読みます。

沖縄には難読地名が多いのですが、
勢理客はその中でも特に読めない地名です。

いかにも夏らしい、
白いもくもくとした雲が出ています。

フェンスの向こうは
米軍基地のひとつ「キャンプ・キンザー

バスは沖縄本島の中部へと入っていきます。

車窓から米軍基地の景色

バス路線図を見ても分かるのですが
中部に入ると米軍の基地が多くなってきます。

送電線があるこちらも米軍の基地。
キャンプ・フォスターのはずです。

次は「美浜アメリカンビレッジ

ここも元々は米軍の基地だった場所。

現在では沖縄県唯一の観覧車があったり、
アメリカンテイストなお店が並んでいたりと
観光客だけでなく、沖縄に住んでいる人も
米軍の人も多く訪れる場所です。

バスで行くことが出来て、
その本数が多い
というのも、
人気の理由のひとつではないかと考えられます。

この辺りは米軍の嘉手納基地になります。
車窓の両側が基地になっています。

東京のJR八高線も
福生の米軍基地の中を走りますが
それと同じような感じですね。

バスは中部を抜け、
沖縄本島の北部へと入っていきます。

.

ということで今回はここまで。
本日もありがとうございました。

.

【SNS本日の結果】
Twitter 1130人(前日比-3) 
Instagram 2343人(前日比+5)
Youtube 37438回 (前日比+298)

~移住2年目 223日目終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました