【沖縄ドライブ旅】古宇利大橋からの景色は、駐車場に車を止めて、歩いて楽しむのがおすすめ~旅行記その2

南国日記~沖縄移住の記録~

ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は
名護・本部ドライブ旅」その2
をお届けします。

★前回の記事★

古宇利大橋を歩く

嵐山展望台に立ち寄り、
次に向かうのは古宇利島です。

古宇利島は橋で繋がっているので
そのまま車で渡ることが出来ます。

橋を渡る手前に駐車場があったので
そこに車を停め、まずは歩いて
橋から見える海の景色を楽しみます。

橋の上で車を駐停車させることは
禁止されています。

歩道もあるので、
そのまま島まで歩いて渡ることも出来ますが
古宇利島と屋我地島を結ぶ橋の全長は約2km。

結構長いのです。

途中に見える、この島の名前は「カエル島」。

グーグルマップにはそう書かれているのですが
島の詳細について、
ネットを探しても全く情報が出てきません。

島の形がカエルに似ているから…

それとも「カエル」という言葉に
何か意味が隠されているのか…

カエルの形には見えませんねえ。

美しい海の景色を楽しむ

橋からは美しい海の景色を眺めることが出来ます。

このような海の色を言葉で表現するときは
いつも悩みます。

コバルトブルー?カクテルブルー?
エメラルドグエーン?

海といえば青ですが、沖縄の綺麗な海は
青というよりも水色をしています。

沖縄の海は
その日の干潮の時間がお昼前後の場合、
とても綺麗に見ることが出来ます。

そして、この日は
まさにその条件が重なっていました。
時刻も正午になろうとしており、
ちょうど潮も引いています。

ベストコンディションの海
といえるかもしれません。

沖縄で2番目に長い橋

古宇利大橋が出来たのは2005年。

通行料無料の橋としては
宮古島の伊良部大橋に次ぐ
沖縄県内で2番目に長い橋です。

県道247号線の一部にあたります。

橋が出来るまでは
運天港からのフェリーで結ばれていました。

古宇利大橋の開通により
古宇利島への観光客は急増しました。

橋そのものが撮影で使用されたこともありますが
何よりも、古宇利島にある「ハートロック」で
嵐のCM撮影が行われたことが
大きく影響しているようです。

また、美ら海水族館からもそれほど遠くなく、
本島北部を観光する際には
欠かせないポイントの一つになっています。

橋を歩いて渡ると、島からの帰りも大変なので
途中で引き返して車で橋を渡ります。

やはり車だと景色は一瞬で過ぎ去ってしまいます。
先に歩いて景色を楽しんでおいて正解でした。

ちなみに、屋我地島側の駐車場は無料ですが
古宇利島側の駐車場は有料です。

古宇利島に上陸

古宇利島に渡り、やってきたのは
島のシンボル「古宇利オーシャンタワー」です。

ここからは
古宇利大橋の全景を見ることが出来ます。

ここには多くのレンタカーが止まっていました。
Go to キャンペーンの効果でしょうか。

古宇利島に来るのはこれが初めて。

そして、橋で繋がってはいますが、
島に上陸するのも久しぶりのことです。

.

ということで今回はここまで。
本日もありがとうございました。

.

【SNS本日の結果】
Twitter 1126人(前日比-3) 
Instagram 2346人(前日比+0)
Youtube 38599回 (前日比+261)

~移住2年目 227日目終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました