【路線バスで行く沖縄の旅】名護バスターミナルから今帰仁村の穴場ビーチへ ~土日祝限定フリー乗車券 旅行記その4~

南国日記~沖縄移住の記録~

ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は
路線バスで行く沖縄の旅」その4
をお届けします。

★前回の記事★

名護バスターミナルからどこへ行こう

那覇バスターミナルを5時45分に出る
始発バスに揺られること約2時間、
名護バスターミナルに到着しました。

無事故達成320日!
事故がないことはありがたいことです。

さぁ、この後の予定は特にありません(笑)

那覇-名護を結ぶ路線バスに乗ることが目的であり、
2千円という土日祝限定フリー乗車券の
元を取ることも出来てしまいました。

「オリオンビールの工場見学が面白そうだな」
と思い、問い合わせをしてみたものの
この日はすでに予約でいっぱいでした。

「名護の市街地でも歩こうかな」
と思ったのですが、オリオンビールの工場見学は
またリベンジしたいので、
市街地を巡るのはその時までお預けに。

名護市は大きいですね~。

沖縄県の面積の約10%を占め、
本島の中では最も大きな市町村です。

(名護市よりも竹富町や石垣市の方が大きい)

ただ、全国にある市区町村と比べると
特別大きいわけではなく590番目の大きさ。

甲府市や和歌山市と同じくらいの面積です。

名護バスターミナルにあるのはコンビニではなく

冷房もない昔ながらの小さな売店。

お菓子だけでなくお弁当も販売されていました。

今帰仁線に乗車!

9時15分発の今帰仁線に乗車しました。

バスを待っている間に、
ある程度この日1日の予定も決まったので、
まずは今帰仁村にある穴場ビーチへと向かいます。

海沿いの道に出ました。

ここからバスは本部半島の海沿いを走ります。

海のそばにポツンとバス停がある様子は
とても絵になります。

見えているのは屋我地島

このあたりの海は羽地内海といい、
小さな無人島が点在しています。

羽地内海の絶景を楽しむには
嵐山展望台がおすすめです。

★嵐山展望台について★

今帰仁村に到着

今帰仁村に入りました。
車窓から見えたのは「スイカ直売」のお店。

今帰仁村はスイカが有名です。

その生産時期は4月~8月と12月~4月。

日本一早く出荷されるスイカ」として有名で、
さらに、沖縄県内で出回るスイカの多くは
今帰仁村産であるとも言われています。

名護バスターミナルから約45分。

「諸志」というバス停で降りました

ここから歩いて「赤墓ビーチ」へと向かいます。

沖縄の名物「共同売店

集落の住民の共同出資により運営されており、
元々は遠くまで行かなくても必要なものが
揃うようにという目的で設立されました。

共同出資による運営なので
売り上げが住民や地域に還元されるというのも
特徴のひとつです。

本島の中南部ではスーパーやコンビニが台頭し
あまり残されていませんが、
北部や離島にはまだ存在しています。

.

ということで今回はここまで。
本日もありがとうございました。

.

【SNS本日の結果】
Twitter 1135 人(前日比+4) 
Instagram 2356人(前日比+3)
Youtube 38883回 (前日比+0)

~移住2年目 229日目終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました