【利島・伊豆大島の旅】 伊豆大島の町営牧場と与那国馬。離島に日本最大級の動物園がある!?~2018年 旅行記最終回

利島・伊豆大島旅行記

ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は2018年の
利島・伊豆大島旅行記」最終回
をお届けします。

これまでの旅の思い出を振り返るシリーズです。

★前回の旅行記★

夜ご飯は手作りの島寿司

利島から伊豆大島に上陸。

裏砂漠を満喫した後は、海で遊んだりもして、
夕方に友人の家に着きました。

友人の部屋から見える夕陽。

これが家から毎日見えるのはうらやましいです。

島暮らしに憧れてしまいます。

夜ご飯は手作りの島寿司。

ネタは友人が事前に仕込んでおいてくれました。
唐揚げも何かの魚を使ったもの。

もちろん魚は友人が釣り上げたものです。

これがとても美味しかった!

島寿司は何度か食べたことがあるのですが
今までで一番の味でした。

この日はそのまま友人の家に泊まりました。

町営牧場と与那国馬

翌日は朝から町営牧場へ。

ここでは名物「大島牛乳」を飲むことが出来ます。
(写真を撮り忘れた…)

伊豆大島はかつて
東洋のホルスタイン島
と言われた時代があったほど酪農が盛んでした。

岡田港とその周辺の街並みが見えました。

伊豆大島の1周は50kmほど。

スーパーや商店もいくつかあり
さらに東京に近いせいもあってか、
あまり「島」っぽくはありません。

首都圏からお手軽に行くことが出来る島
という感じです。

実際、夜東京を出て
翌朝大島に着くさるびあ丸に加えて、
ジェット船も1日3便くらい就航しています。

サイクリストにも人気の島です。

★東京↔伊豆大島の時刻表★
https://www.tokaikisen.co.jp/boarding/timetable/

馬がいました。

この写真の馬は多分違うのですが、
伊豆大島では「与那国馬」が飼育されています。

与那国馬は日本の最西端「与那国島」で
育てられている貴重な日本の在来馬

その保護が伊豆大島で行われているそうです。

東京都立大島公園動物園

伊豆大島滞在の最後にやってきたのは
東京都立大島公園動物園」です。
その開園は1935年という歴史ある動物園です。

写真は溶岩をそのまま生かしたという
日本でも最大級の大きさのサル山。

園内にあるフライイングゲージも
日本最大級のものなのだそう。

離島にこれだけ立派な動物園があるというのは
他に聞いたことがありません。

なんと無料で楽しむことが出来ます。

伊豆大島に来たら外せないスポットです。

【島旅】さるびあ丸 伊豆大島出港

13時半過ぎ、
さるびあ丸は伊豆大島を出港しました。

運よく、紙テープでのお見送り
見ることが出来ました。

島ならではお別れの光景は感動するものです。

利島・伊豆大島の旅終了

ちょっと遅めのお昼ご飯は
船内で買ったタコ焼きとカップ麺。

船の甲板で食べるカップ麺ほど
美味しいものはありません。

東京湾に入ると世界中から
日本にやって来る船を見ることが出来ます。

こんな写真を撮ることが出来るのも
東京湾を船で移動する際の醍醐味です。

18時過ぎ。
さるびあ丸は竹芝桟橋に入港しました。

レインボーブリッジをくぐると、
おがさわら丸の姿を見ることも出来ました。

これにて、金曜夜出発、日曜夕方帰りの
『利島・伊豆大島』の旅は終了です。

.

この翌週は沖縄の「宮古島」へ行きました。
社会人1年目、なかなかヤバいですよね(笑)
その様子はまた次回。

☀上陸した島☀
No.41 利島(東京都)

.

ということで今回はここまで。
本日もありがとうございました。

.

【SNS本日の結果】
Twitter 1150人(前日比-3) 
Instagram 2379人(前日比-4)
Youtube 42887回 (前日比+549)

~移住2年目 236日目終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました