【路線バスで行く沖縄の旅】大雨の世界文化遺産・今帰仁城跡を散策?いや、ずっと避難していました~土日祝限定フリー乗車券 旅行記その8~

南国日記~沖縄移住の記録~

ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は「路線バスで行く沖縄の旅 その8」をお届けします。

★前回の記事★

今帰仁城跡で雨が降ってきた

ノープランで行く路線バスの旅。赤墓ビーチから歩いて、世界文化遺産・今帰仁城跡にやってきました。

その前まで広がっていた青空は、いつの間にか雲に覆われ、入場券を買い、これから散策しようとすると雨が降ってきました。

しかし、次のバスの時間もあるので、のんびりしている余裕もありません。

霧雨程度で、折り畳み傘も持参していたので、傘を差しながら雨の今帰仁城跡を散策することにしました。

今帰仁城跡については「世界文化遺産であること」「1月下旬に咲く桜が有名であること」ということ以外知らなかったので、楽しみ方も分からず…

とりあえず、見学コースに沿って歩いていると、いよいよ雨も本降りになってきました。

大雨になったので避難する

ちょうど門のような場所があったので、そこに避難して雨が止むのを待ちます。

ちょうど目線の先に「毒ヘビに注意」の看板がありました。毒ヘビというのはハブのことでしょうか。

それにしても、なかなか雨は止みません。突然の強い雨は大抵すぐに止むものです。

「もしや」と思い、スマホで雨雲レーダーをみてみました。

やはり、予想が当たりました。

私がいる本部半島にだけ雨雲があります。私は相当な雨男なのです。

旅先では、このように、私がいる場所にだけ雨雲がかかることがあります。

少し小降りになったので見学を再開します。幻想的でこれはこれでいい雰囲気です。

雨は止んだけど、もう時間です。

琉球王国による統一以前、沖縄が北山・中山・南山の3つの地域に分かれて勢力争いを繰り広げていた時代に、北山の王が今帰仁城を拠点としていました

散策しようとしたら、また強い雨が降ってきたので足どめです。今度は木の陰に隠れてやり過ごします。

それにしても立派な城壁です。その全長は1.5kmにもなり、中国の「万里の長城」に例えられることもあります。

中山の王・尚巴志が沖縄を統一すると、今帰仁城は北部地域の監守の居城となりました。

その後は「難攻不落の城」とも言われたそうですが、1609年の薩摩侵攻により城は炎上し、監守が住むことは無くなりました。

標高約100mに位置する今帰仁城跡。晴れていればここから絶景が広がるはずです。

城が炎上してからの今帰仁城跡は祭りを執り行う場所、また人々の拝所として大切にされてきました。

強い雨は、結局30分以上降り続けようやく止みました。

ただ、もう時間がないので、入口の方へと戻ります。

今回の旅ではギョサンを履いていたのですが、これがとても助かりました。

雨上がりで、写真のような木の散策路、しかも下り坂は大変滑りやすく危険です。

階段にもこんな感じで滝のように水が流れていました。

果たして私は今帰仁城跡に何をしに来たのでしょうか…(笑)

これだけ雨に降られるとついそんなことを思ってしまいます。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

.

【SNS本日の結果】
Twitter 1154人(前日比-1) 
Instagram 2398人(前日比+1)
Youtube 43775回 (前日比+386)

~移住2年目 240日目終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました