【神津島の旅】さるびあ丸夏の風物詩・2等フリー乗船券!レジャーシートで夏の夜。神津島を目指す|2018年 旅行記 その1

神津島旅行記

ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は2018年の
神津島旅行記」その1
をお届けします。

これまでの旅の思い出を振り返るシリーズです。

★前回の旅行記★

夏の風物詩・2等フリー乗船券

突然ですがこの写真、
どこのどういう状況だか分かりますか?

正解は東海汽船・さるびあ丸の船内です。

状況としては、寝る場所がないため、
受付の時にもらったレジャーシートを
座席と壁の間に引いて、
ここで寝ようとしている状況です。

東京都港区竹芝という大都会から
さるびあ丸は伊豆諸島の島々に向けて
毎日運航されています。

夏場は、船の座席に
収まりきらないほどの予約が入るので
空いた場所で寝るように」と
レジャーシートを渡されるのです。

見えている島は
最初の寄港地「伊豆大島」です。

大島では多くのお客さんが下船しました。

太陽が昇ってきました。

幻想的な光景です。

そんな朝陽と甲板で寝る人々。

この時期ならではの光景です。

外で寝ていると、煙突のすすと
潮風とで身体がベタベタになります。

今回は狭くても
船室内で寝ることが出来てよかったです。

2等フリー乗船券。

こちらの乗船券を持っていると
受付時にレジャーシートが貰えます。

今回は金曜日の夜の船に乗り
土日休みを使って神津島へと向かいます。

ちなみに、この夏(2018年)私は…

・7月3週目 利島・伊豆大島の旅
・7月4週目 宮古島
・8月1週目 神津島

というスケジュール。

これで3週間連続の島旅です。

伊豆諸島の島々を寄港する

朝6時、利島にやってきました。

山頂は雲に覆われています。

神津島はさるびあ丸の最終寄港地。
到着するのは9時半前なので、
まだあと3時間近くかかります。

続いての寄港地は新島。

そして式根島。

雲一つない青空が広がっています。

神津島が見えてきました。

活火山の火山島で、多数の火砕丘と
溶岩円頂丘から構成されており
島の形はひょうたん型をしています。

神津島上陸!

神津島に上陸しました。

今回、旅先に神津島を選んだ理由は
「なんとなく」
東京諸島の中で行ったことがない
有人島のひとつでした。

往復の船と港のそばにある
民宿だけを確保しており
それ以外は特に何も決めていませんでした

まずは
お世話になる民宿に荷物を置かせてもらい、
その後歩いてやって来たのは
港からも集落からも近い前浜。

約800mの砂浜が広がり、
海水浴を楽しんでいる人もいます。

ここから島の北部を目指して
歩いてみることにしました。

途中で見つけた自動販売機。

果たしてお金を入れて飲み物は
ちゃんと出てくるのでしょうか(笑)

こういうのは離島あるあるです。

えんま洞という場所を見つけました。

道路が通るまでは
この洞窟まで波が打ち寄せていたそうです。

現在は笑顔のえんま様と
石地蔵像が置かれています。

ここで旅の安全を祈り、先へと進みます。

.

今回はここまで。
本日もありがとうございました。

.

【SNS本日の結果】
Twitter 1204人(前日比+) 
Instagram 2419人(前日比-1)
Youtube 49291回 (前日比+348)

~移住2年目 250日目終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました