【路線バスで行く沖縄の旅】 辺士名から那覇バスターミナルへ!約15時間のバスの旅。元は取れたのか ~土日祝限定フリー乗車券 旅行記 最終話~

南国日記~沖縄移住の記録~

ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は
路線バスで行く沖縄の旅」最終話
をお届けします。

★前回の記事★

辺士名から名護へ

辺戸岬を出発したのが16時半。

那覇バスターミナルに到着するのは
21時前の予定です。

辺士名のバス停から
名護バスターミナル行きのバスに乗車。

国道58号線の海沿いを走ります。

窓から差す柔らかな陽光が
眠気を誘い
車窓を眺めながら寝たり起きたり。

出発から約12時間が経過。

少し疲れましたが、こうした
心地よい旅の疲れも久しぶりのことです。

名護市内へとバスは入っていきます。

たまたま撮った写真ですが、
時代を感じさせる建物とアーケードです。

名護バスターミナルで乗り換え

次は終点の名護バスターミナル

ここでの乗り換え時間は2分ほど。
バスを降り、急いで
那覇行きのバスが出るバス停へ向かいます。

と、思ったら
バスはまだ来ていませんでした。

いや、もう行ってしまった…?

田舎では早発ということもたまにあります。

大丈夫でした。

このバスに乗って
那覇バスターミナルまで向かいます。

ここからあと約2時間のバスの旅です。

そしてバスはまた海沿いを走ります。

車窓から眺める夕陽

車窓から夕陽を見ることが出来そうです。

残念ながら太陽が雲に隠れてしまいました。

車窓を楽しめるのはここまで。

あとは那覇に着くまで
本を読んだりしながら過ごしていました。

沖縄本島を南下していくと
少しずつ建物が増えてきます。

が、車窓の景色ももう暗く
写真にその景色は写りません。

元は取れたのか…

建物は増えてきても車内はガラガラです。

コロナの影響も
少なからずあるのでしょうが、
沖縄は元々車社会。

バスを利用する人は少ないのでしょう。

実際私も雨が降ろうが移動は原付です。

改めて、今回は
土日祝1日限定フリー乗車券
を利用しました。

1日乗り放題で2000円ということで
気になるのは「元を取れたのか」
ということです。

また今回はフリー乗車券が使えない
国頭村の村営バスも
無料で乗ることが出来ました。

総額、どれくらいお得な旅をしたのか…

さっそく計算してみましょう。

・那覇→名護 2880円(往復)
・名護→諸志 780円
・今帰仁城跡入口→名護 800円
・名護→辺士名 2140円(往復)
・辺士名→辺戸岬 1000円(往復)

ということで、
通常料金の合計運賃は7600円

5000円もお得な旅をすることが出来ました。

沖縄路線バスの旅終了

夜の国際通りも閑散としていました。

Gotoキャンペーンと連休というので
お土産屋さんなども開いているのですが
やっぱりまだまだ厳しい様子が伺えます。

そして21時前。

終点の那覇バスターミナルに到着しました。

これにて沖縄路線バスの旅も終了です。

今度は
オリオンビールの工場見学をするときに
このフリー乗車券を使いたいと思います。

.

今回はここまで。
本日もありがとうございました。

.

【SNS本日の結果】
Twitter 1204人(前日比+) 
Instagram 2419人(前日比-1)
Youtube 49291回 (前日比+348)

~移住2年目 250日目終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました