美味しいコーヒーを作る・味わうための試行錯誤 台風との闘い|沖縄コーヒー 2020年9月編

沖縄コーヒー

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「沖縄コーヒー農園 9月編」をお届けします。

★前回の記事★

おいしいコーヒーを作るための試行錯誤

コロナの影響で、安里おじいのコーヒー農園に行くのは、2カ月ぶりとなりました。

こちらは沖縄自動車道の終点・許田付近。コーヒー農園がある大宜味村までは30km。

あれ、こんなに遠かったけ

ここに距離を示す看板は、以前はなかったはずです。

原付で長距離を走るのも久しぶり。心が折れそうになりますが、ここからもうひと踏ん張り。

ということで、安里おじいの農園に到着しました。

まずは、看板犬のボスがお出迎えをしてくれました。

久しぶりですが、ボスも私のことを覚えてくれているようでした。

地面に落ちたコーヒー豆

コーヒーが育ちやすい土壌であるため、地面に落ちた豆を放っておくと、そこから芽が出てくるのです。

雑草たちの中に、艶のある葉があります。

こちらが、地面に放っておいた豆から発芽したコーヒーです。

しかし、美味しいコーヒーを育てる作業は、そう簡単なものではありません。

こちらは育て方や土など、条件を変えて、コーヒーの成長具合をチェックしている苗たち。

この苗を地面に植え付けて、収穫まで育てることとなります。

地面に苗を植えつけてから、こうした若芽が出てくれば、苗が地面に根付いた証。

一方で、植え付けをして、そのまま枯れてしまうことも多いそうです。

コーヒーは、植え付けから収穫まで、5年ほどかかると言われています。

つまり、生育の段階で試行錯誤した結果は、5年後にならないと分からないというわけです。

安里おじいがパンツ一丁で登場しました。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_2289-1024x768.jpg です

安里おじいがコーヒー栽培を始めたのは2014年ということで、本格的にコーヒーを収穫することが出来るようになったのは、まだ最近のこと。

より美味しいコーヒーを作るため、日々実験を繰り返しています。

コーヒーの生育と味に影響を与える要素のひとつがです。

こちらは安里おじい手作りの肥料

これをコーヒーの木の周囲に撒くことで、農薬に頼らないコーヒー栽培を行っています。

一部白いカビが付着しています。

これが栄養のある土の証なのだそう。

観葉植物を育てる時も、栄養と湿気が豊富な土には、カビが生えると言われており、調べると様々な対策が紹介されています。

この日は私がリヤカーを押して、安里おじいが土を撒くという流れでしたが、普段はこの作業を、おじいが1人で行っています

10月になり、吹く風はだいぶ気持ちよくなりましたが、日差しはまだまだ強い沖縄。

草刈りなどのルーティン作業もあるので、なかなか大変です。

台風との闘い

コーヒーの木にたわわに付いた果実。

沖縄のコーヒーは、これからの時期(10月から3月)、黄色から赤色に色付き、収穫シーズンを迎えます。

しかしこの収穫シーズン、沖縄には毎年、猛烈な台風が襲います。

木が折れたり、果実が落ちたりはもちろん、潮風の影響も受け、写真のように、木が枯れてしまうこともあります。

沖縄以外でも、コーヒーの露地栽培を行っている小笠原諸島や徳之島は、台風の影響を受けやすい地域です。

国産のコーヒーがなかなか流通しない背景には、台風の影響もあるのです。

安里おじぃのコーヒーは、木が小さい段階で、囲いをつけることで、風の対策としているそうです。

今年は雨が多く、写真はコーヒーの苗を植えるために掘った穴ということですが、ここから水が引かないそうです。

ちなみに、コーヒーの生育には、年間1800mmから2500mmの降水量と、水はけのよい土壌が必要とされています。

コーヒーを味わう場所も大事

コーヒーの味には「雰囲気」も重要です。

ここにコーヒーを飲むための場所、通称カフェを手作りしています。

どんどん形が出来ていく様子を見るのは、感慨深いです。

まだまだやることは山積みのようです。

この木(プラスチック)は、斜面を降りるための階段として使われます。

そして、安里おじぃとコーヒーゆんたく。

「コーヒーを通じて居心地いい空間を作る」

この想いをたくさんお話ししていただけます。

安里おじいの農園にはシークワーサーも実っています。

こちらは収穫・出荷をしているわけではないので、獲り放題、食べ放題です。

日本で獲れるシークワーサーの99%が沖縄県産

今年は沖縄県内で、シークワーサーの病気が流行っており、木々が枯れてしまうというニュースもありましたが、安里おじいのところにある木々は無事でした。

一般的にシークワーサーは、カボスやスダチのように、酸味を加えるために搾って使われるのが一般的ですが、今回は皮をむいてそのままいただきました

酸っぱいのかと思いきや、甘くて美味しかったです。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_2307-1024x768.jpg です

シークワーサーを食べ終わると、おじぃが「行きたい場所がある」とのこと。

早速、おじぃの軽トラに乗って移動します。

看板犬のボスも荷台に飛び乗りました。

おじぃのコーヒの詳細はこちら

生豆直売所(豆が買えます)

沖縄産コーヒー生豆(産地:大宜味村産) 250g
世界自然遺産の森の中で育まれた希少な国産コーヒー豆 無農薬栽培にこだわり完熟したコーヒーチェリーのみを手摘みして作りました。 珈琲はフルーティーで新鮮な豆が持つ香り高い味わいです。 数に限りはございますが、是非一度お試し頂きたいです。 ※レターパックの発送になります コーヒー生豆 情報 産地:沖縄県本島北部...

コーヒー体験

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました